Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

駐在妻でも英語ができるようになる方法をお届けします!

ESLに行かなくても大丈夫!英語が上達する習い事4つとは?

 

f:id:michiganenglish:20190315193051j:plain

Photo by Isaiah Rustad on Unsplash

 

このままアメリカ駐在中に、ESLに通い続けたままだとどうなると思いますか???

 

英語を学ぶ方法は1つではありません!アメリカに来るとまっさきに英語のクラスを取らなきゃと思いがちですが、そんなことしなくても話せるようになります。

 

ここでは、英語のクラス以外で、英語が上達する習い事を4つ紹介していきます!

 

 

1.歌

声が小さい人が多いので、声の出し方を習うといいと思います!ついでに、歌もうまくなるという、一石二鳥です。日本人はカラオケ好きな人が多いから、楽しいのではないかと思います。

 

私もやってみようかなと考え中です(*^-^*)

 

vocal lesson, voice lesson, singing lessonなどで検索してみると出てきますよ~。

 

 

2.スポーツ

やはりスポーツ関係はいいですね。チームでやるスポーツだとチームメイトと話しますし、仲良くなりやすいと思います。

 

新しくスポーツを学ぶのもアリです。先生は絶対英語だし、いろいろ聞きたいことも出てくるので英語で話す機会も自然と増えます。

 

体を動かすのは脳にもいい影響があります。英単語覚えやすくなったりして、まさに一石二鳥!

 

 

3.Toastmasters

「なにそれ!?」って感じですよね。でも割と世界中に浸透していて、実は日本にもあります。

 

グループで行われるのですが、その中で1人づつスピーチをしながら、リーダーシップを鍛えたり、話し方を上達させたりする団体です。

 

これは妹から聞いたもので、妹の知り合いが英語の上達のために、すすめられて行ったそうです。その人がこのToastmastersのおかげで英語がうまく話せるようになったと言っていたそうです。

 

 

4.Speech Therapy

言葉が遅れている子供たちや、障害を持っている人たちに言葉や話し方の訓練を手伝う人たちをSpeech Therapistと言います。日本人にはあまり馴染みがないのですが、身近なところでいうと小学校にいたりします。

 

この人たちは口の中、舌、言語、発声など話し方のすべてのプロです!大学院まで出ないとこの職業にはつけません。

 

なので、発音が通じづらいと悩んでいるかたにはめちゃくちゃおススメです。

 

 

おわりに

英語を学ぶために、ESLに行ったりチューターを雇ったりする人が多すぎます。いつも他にも方法はいくらでもあるのにな・・・と思います。

 

とは言いつつ私も家で教えてるんですけどね。なので、声を大にして言いたい!

「私のところに来なくても英語話せるようになりますから!!!英語は習うものではなくて、自分で学んでいくものなんです!」と・・・。

 

しかも、ESLは日本人ばっかりでヤダと思っている人にもおススメの方法です。

 

是非試してみてください!

 

 

 

インスタもチェックしてねっ!

フォロワー17人になりました!すごい成長!遅いかな??少なすぎか?

www.instagram.com