Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

駐在妻でも英語ができるようになる方法をお届けします!

ミシガン駐在残り半分なのに英語話せない?そんな時は180度方向転換!

 

f:id:michiganenglish:20190308202018j:plain

Photo by Paul Gilmore on Unsplash

 

 

今の英語の勉強をつづけたままで、アメリカ駐在中に英語が話せるようになると思いますか?

 

常識にとらわれすぎてると大事なことを見落とします。

 

英語を学ぶ方法は1つではありません。1年やっても英語が話せなければ、他に方法はないのかと考えてみるのがおススメです!

 

 

我が家の大きな決断

下の娘が補習校をやめることにしました。

 

ここに至るまでいろいろ葛藤がありました。子供たちは土曜日は補習校に行くのが当たり前という、固定概念があったので最初はかなり迷いました。

 

ここでも何度か話していますが、娘は器械体操をやっていてほとんど家にいません。なので「もっと一緒にいる時間を増やしたい」と思いました。

 

それに、家にいるときは常に急がせっぱなしの生活なので、前々からもっとゆっくりと過ごしてほしいと感じていました。

 

補習校をやめることによって、その2つが少しは満たされます。

 

しかも月に約200ドルが浮く!年間で2000ドルくらい!それはすごい!なんなら上の子もやめさせようかと思ったくらい(笑)2人だと年間4000ドルになる!それあれば旅行行けちゃうじゃん!

 

つまりやめるほうが、メリットが大きかったんです。

 

 

 

英語勉強の常識

日本で習ってきた英語の勉強法や考え方を持ち続けていたら、なかなか話せるようにはなれません。

 

  • 正しい文法を話さないといけない
  • テスト同様、間違ってはいけない
  • 勉強すれば話せるようになる
  • ESLに通えば大丈夫

 

こんな風に思ってはいませんか?

 

どれも間違ってはいません。でも、こういう自分の中の固定概念にとらわれすぎてると、新しいことを取り入れることから遠ざかってしまいます。

 

もったいないです!

 

 

おわりに

同じことをずっと続けていて、英語が話せるようにならないのであれば、勉強法を見直してみましょう。

 

むしろ自分が一番「ありえない」と思うようなものを、試してみるといいかもしれません。

 

今まで私も「自分が子供に日本語を教えるなんてありえない」と思っていましたが、4月からは土曜日の午前中は娘の先生を頑張ります。最近は1年間分の教える内容を考えたりしていて、結構楽しいです。それに夫も一緒にやっていくので夫婦の絆も深まりそうです~。ん?喧嘩が増えるだけかも・・・。

 

是非、試してみてください!

 

 

 

インスタもよろしくね!

www.instagram.com