目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

【ミシガン駐在者必見】肌の乾燥が気になる季節!今すぐできる5つの対策とは?

f:id:michiganenglish:20181019224518j:plain

Photo by rawpixel on Unsplash

 

最近、肌が乾燥してかゆかったり、手荒れがひどくなったりしていませんか?

 

我が家も毎年、冬の乾燥にはいろいろ悩まされています。特に子供たちがひどいです。いろいろ試してきた結果、結局一番いいのは、乾燥する前に予防しておくことが一番大事だと感じるようになりました。

 

というわけで今日は、ミシガンに来てから私が実践している、手荒れ・乾燥対策について紹介していきます!

 

1.サニタイザー

 

アルコールが入っているので、一見肌に悪そうなのですが、使い方次第で手荒れを防ぐのに大活躍してくれます!

 

ポイントは少量を手のひらだけに使うことです。

 

手荒れは、手を洗ったときに残った水分が原因で起こります。なので、サニタイザーを手のひらだけ使えばすぐに乾くし、手の甲を濡らすことはありません。 

 

 

なので我が家の洗面所には、ハンドソープとサニタイザーの両方がおいてあります!

 

 

 2.ゴム手袋

 

ゴム手袋があるのとないのとではまったく違います。

 

私は普段よく手を洗います。犬もいるし、子供が小さかったときにはおむつ替えもあったので、しょっちゅう手を洗っていました。

 

さらに洗い物となるとかなり手が荒れていました。

 

やはりゴム手袋をつけて洗い物をすると手の乾燥がかなり和らぎます。水を使った掃除などもすべてゴム手袋を使っています。ネイルもはがれにくくなる~という利点も!

 

 

3.体が濡れてるときに保湿

 

お風呂・シャワーのあとは、ゴシゴシと体をふくのではなく、pat dry がいいんです。そして体にまだ水分が残っているくらいのうちに、クリームを塗ります。

 

「pat dryって何ーーー!?」

 

00:53 辺りからpat dryしてます⇩

www.youtube.com

 

ポンポンっとする感じですかね!?

洗顔の時にゴシゴシ顔をこすって拭くのではなく、押さえるようにして」

なんてよく言われますよね、あの感じです。

 

pat dry はよくお肉の水分を取ったりするときにもよく使われる言葉なので、お料理チャンネルやレシピサイトなどを見てると出てきますよ~。

 

 

4.熱いお湯に注意

 

ついついこの寒い時期、手を洗う時や洗い物のときににお湯を使いますよね。他にも、熱めのお風呂やシャワーに入りたくなります。

 

でも実は熱いお湯は肌の乾燥の原因なんです。

 

なのでなるべく熱くない温度を使うようにしましょう~。

 

 

5.お風呂・シャワーの入りすぎに注意

 

毎日お風呂にはいったり、シャワーをあびたりすると、逆に乾燥してしまいます。長い時間の入浴・シャワーもよくありません。

 

皮膚科の専門医は、現代人はシャワーの浴びすぎだと言っています。⇩

How Often Should You Shower?

How often should we shower? Much less often than you think

You Asked: How Often Should I Shower? | Time

 

アメリカと日本の常識の違い

日本では、赤ちゃんや子供は毎日お風呂に入るように指導されるようですが、私はカリフォルニアにいたこともあり、1週間に1度くらいでいいと言われました。

 

これを友達に言うとびっくりされるのですが、こっちの方が楽ですよ~。おススメです!

 

 

おわりに

というわけで我が家の冬の乾燥対策を紹介しました!

 

乾燥してからでは手遅れです。ひび割れたり、かきむしった上からクリームを塗るとしみます。痛いです(+_+)

 

日頃からのケアでミシガンの乾燥と戦っていきましょう~。