Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

駐在妻でも英語ができるようになる方法をお届けします!

日本語と英語の違いわかってる?サクっと話せるようになる6つのポイント! 

 

f:id:michiganenglish:20180920032820j:plain

Photo by rawpixel on Unsplash

 

 

最近ボランティアで、文書の翻訳(英語➞日本語)をやりました。その時に、

「ただ単に英語を日本語にしただけでは意味が全然つながらない」

「文章の並び順なども変えないと、ちゃんとした日本語にはならない」

など、いろいろなことに気づきました。

 

そこで、この違いを少しでもわかっていれば、英語を理解するのに役立つのではないかと思いました!

 

細かいことなのですが、これをちゃんと理解しているかしていないのとでは、英語の話しやすさが変わってきます。しかも、よりネイティブの英語に近づけるようになります。

 

では6つの大きな違和感の正体を見ていきましょう!

 

1.日本語はあいまい、英語ははっきり

基本はこれです。 

 

2.誰の?

「ペン貸して?」

 

って訳しづらいんです。なぜなら、誰のペンだかわからないからです。

 

your pen, her pen, his pen, thier pen, a pen, the pen, this pen, that pen

これらのすべての可能性が考えられます。  

 

常にだれのものなのか、誰のものでもないのか、考えましょう!

 

3.「1」それとも「たくさん」?

「猫を飼っています。」

 

まあ、普通は1匹を想像しますよね。

 

でも、これは訳すのに2通り考えられます。

 

  1. I have cats.
  2. I have a cat.

 

常にしっかりと数を把握しておきましょう!

 

4.主語がない

  • 塩とって?
  • (レストランで)このワインあります? 
  • 昨日、サッカーに行ってきたの!

 

日本語には主語がないことがしょっちゅうあります。

 

日頃から誰がその行為をやったのか、やってほしいのかなどを、しっかりと頭の中で想像しましょう!だんだんできるようになってきます!

 

5.動詞があいまい

特に「なる」「する」「やる」には注意が必要です。

 

  • 信号が赤になる➞変わる
  • 私はコーヒーにする➞選ぶ
  • サッカーをやっている

 

この3つの動詞を使う時は、本当に意味していることは何なのか、本当の動作を表す的確な言葉を意識しましょう! 

 

6.日本語は文が長くなる

これは本当に日頃から感じるのですが、ほとんどの人が英語の文章を、長く長く言おうとしています。実は英語は短く切った方がいいんです!

 

例えば、下の文を英語にしてみてください。

 

「今日は歯医者に行く日で、ママが学校へ迎えに行くから、ちゃんと速く体育館に来てよ!」(※注意:うちの子の学校のお迎えは体育館)

 

 

 

 

 

 

 

Because today we are going to see the dentist, so I'll pick you up at school, please come to the gym quickly!

 

みたいになりません?しかもbecauseとかつけるのにちょっと迷いませんでした?

 

もっと、短く簡単にするには、例えばこんな風に言います。

 

We are going to see the dentist today.

I'll pick you up at school.

Can you come to the gym really fast? 

 

こっちの方が簡単ですよね!英語のときは1つづつ文章を切り離して話すと、楽になりますよ!

 

おわりに

あなたは翻訳機能を使って文書を訳した時に、違和感のある日本語だな~と思っていませんか?そんな英語は話したくないですよね!

 

そのためには、日本語から英語に頭の中で変換しながら話すのはNGです。

 

その第一歩として、日本語と英語の間で特に大きく差が出る、重要な6つのポイントをまずはなおしていきましょう!

 

勉強の必要はないので、常に意識できるように心がけてみてください!