Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

駐在妻でも英語ができるようになる方法をお届けします!

小学生の子供を持つ駐在妻必見!アメリカの学校ってこんなに違うの!? 

 

f:id:michiganenglish:20180907190345j:plain

Photo by Patrick Fore on Unsplash

 

いよいよ新学期が始まり、やっと自分の時間を楽しめますねっ!

 

けど、子供の学校のことが不安・・・なんて思っていませんか?初めてのアメリカの学校だし、わからないことだらけで心配ですよね。しかも、子供が大量に持って帰ってくる紙類( ゚Д゚)英語読めないと苦労しますね。

 

今日は、アメリカの学校について説明していきます!主に小学校のことについてです。

 

私も子供が小学校に行き始めた時、日本と違うことなどがあっていろいろ驚きました!それでは紹介していきます~。 

 

1.欠席連絡

先生に連絡するよりも、事務室に連絡します。

 

2.旅行でのお休みオッケー

日本だと家族旅行などで学校をお休みすることは気が引けるきがします。でもアメリカはその点に関しては寛容です。

 

vacationでお休みすると、前もって事務室に伝えておきましょう!

 

3.遠足は手ぶら

日本だと、お弁当、レジャーシート、おやつ、水筒などをリュックに詰めていきます。でも、アメリカでは子供たちは、なーーーにも持たずにいきます! 

 

4.遠足のお弁当

アメリカでも年に1回は遠足があります!その場合のお弁当の容器は捨てられるものを持っていきます。

 

保冷剤などが持っていけないので、おにぎりや他の食べ物が痛んでしまうのが気になりますよね!?

 

ほとんどの子供は、ポテトチップス、マフィン、クラッカー、冷蔵保存の必要ないフルーツ(みかん、バナナ、リンゴまるごと、など)、エナジーバーのようなものを持ってきます。

 

5.体育着ない!

体育のある日は運動しやすい服装で行きます。一日その服ですごします。もちろん運動靴も忘れずにはいていきましょう!

 

6.教科書ない!

プリントがたくさん配られます。国語は絵本を使ったりもします。 

 

7.先生によってやり方がさまざま

同じ学年だとカリキュラムは決まっていて、最終的な目的などは同じです。でも、先生によって進め方や教え方が違います。

 

クラスのルールも違うし、パーティーの有無も先生によって変わってきます。 

 

8.おやつの時間がある

ヘルシーなものを持っていきましょう!クラッカー、野菜、果物、チーズ、ヨーグルト、サラミ、ハムエナジーバーなどなど。

 

9.常に大人の監視のもと

アメリカはいじめを防ぐために、常にどこでも、大人がいいる状態です。休み時間はボランティアの人が見回っています。ランチの時間は先生ではなく、カフェテリアで働いている人たちがいます。

 

家なき子の「便所おにぎり」(わかるかなー!?)みたいなことが起こらないように、トイレに行くときは、少人数で行くように先生から支持されます。 

 

10.産休とる

今回の娘の先生が11月から1月まで産休を取るそうです!うちの学校は若い先生が多くいつも誰かが妊娠してます(笑)校長先生も2回も産休を取りました。

 

11.SNS、アプリも使いこなす

学校はFacebookTwitterなどを使って、イベント情報や学校での出来事をアップしてくれます!PTAやPTOから配信されるものもあり、とっても便利です。

 

クラスや学年のウェブサイトもあります。

 

そして、便利なアプリを使って、子供たちのクラスでの様子や宿題についてアップしてくれる先生もいます。 

 

12.クラスの途中で連れていかれる子がたくさんいる

ESLを取ってる日本人だけが、途中で抜けたりするわけではないんです!

 

他にも、学習に遅れが出ている子やカウンセラー、スピーチセラピー(活舌を治したりするところ)など、割と頻繁にクラスから抜けていく子たちが多いです。

 

13.宿題ほぼない!

朗報です~。日本とは違い宿題はかなり少ないです!低学年のうちは特に!

 

あと、もし宿題が難しいと感じたら、先生に相談しましょう!逆にちゃんとやっていった場合先生は、「この子はちゃんと理解してるんだ!英語は問題ないんだ!」と思われるので、気をつけましょう!

 

14.誕生日は自分がみんなに配る!?

クラスで誕生日を祝うのはよくあることだと思います。でもアメリカでは、誕生日の本人が、みんなにちょっとしたプレゼントを配ります!

 

いわゆるGoody Bagとよばれるものなのですが、誕生日会に行ったときなんかにももらいます。これは、誕生日を、みんなにも楽しんでもらいたいという意味が込められています。主役だけが楽しむだけじゃダメなんです!

 

15.女の先生がやたらと多い

これには私もびっくりしました!大学では男の先生が多かったのですが、小学校は90%が女の先生です!

 

同じ母親としていろいろ相談しやすいし、話しやすいですのが、とってもいいです!

 

おわりに

アメリカの学校は楽しいイベント(もうすぐハロウィン!)も盛りだくさんで、授業も楽しいです! 

 

英語の面で不安があるかもしれませんが、アメリカは移民が多い国なので英語のサポートがしっかりしています。わからないことがあったら、すぐに先生に相談するといいでしょう。

 

勉強ももちろんですが、せっかくのアメリカの学校生活なので、どんどん満喫していきましょう!