Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

駐在妻でも英語ができるようになる方法をお届けします!

【簡単すぎ!】間違いなく英語ペラペ~ラに見えるたった1つの秘策とは?

 

f:id:michiganenglish:20180727193421j:plain

 Photo by Helena Lopes on Unsplash

 

なんだか今一つ英語が話せてる感じがしないと感じてはいませんか?

 

英語と日本語はアクセントがとても違います。日本人の話すカタカナ英語が伝わりにくいのは、発音だけではなく、このアクセントにも問題があります。でもただ単にアクセントのついてる言葉を強く発音したところで、なんだかしっくりこないですよね・・・。

 

そんな時は、大げさに感情を表現することをおススメします!

 

日本人はめっちゃうなずく

日本人が話しをするときは、ほとんど手や体を動かしません。よく動かすのは頭だけです。

 

どんな時にうなずいているかと言うと、「Yes」と言いたいとき、共感するときですよね。実はその他にも、話してる最中の語尾、驚いたとき、ただ単に「聞いてるよ~」という意味を示したい時など、本当によく頭が動くんです。

 

でも、首から下はあまり動かしません!

 

今度お友達を話すときに友達を観察してみてください。

 

オーバーリアクションなアメリカ人 

アメリカ人に

「私22歳の時に結婚したのよ~」

なんていうと、

 

「ワーオ、オーマイガッシュ、リアリー!?」 

と、3つも驚きの言葉が出てきて、手がめっちゃ動くし、体もかなり前後に揺さぶりながら、目を丸くしてると思います(笑)

 

とにかくオーバーに反応します。

 

すっごい驚いてる人発見⇩

www.youtube.com

 

普通の会話から大げさに

驚いたときのリアクションが違うのはあなたも知っていたと思います。でも、普段の会話も日本人と比べると、アメリカ人の方が大きく反応します。

 

アメリカ人の普通=日本人の驚いたとき、でちょうどいいと思います。

 

日本人は話しているときに、体を動かす習慣がありません。なので英語初心者は特に、もっと大げさに体を動かすように、普段から気を付けてみてください!

 

大阪のおばちゃんを思い出そう!

どうしても、大げさに反応するイメージがわかないというのであれば、「大阪のおばちゃん」を想像してみてください!

 

関東と関西を比べると、明らかに話しているときの体の使い方が違うということを、昔テレビで見ました。関東は体の動きがほとんどないのに対し、関西の人はどうしても手が動いて、身振り手振りしながら会話を進めていきます。

 

お笑い怪獣(笑)さんまさんを参考にするのもいいと思います!表情もとても豊かで、とってもいいです!

 

おわりに

英語が話せるようになりたいのであれば、話すことだけに集中するのではなく、体の動きにも注目してみてください!

 

実はこれをすると、アメリカに溶け込めやすくなります。しかも外見から鍛えることで、自信がついて英語が話しやすくなるというメリットも!メイクをして出かけたときと、すっぴんで外に出た時と比べると、メイクをしているときの方が堂々とできますよね!それと同じで、外からの影響は大事です。

 

そして、何よりも体を使って大げさに話すことによって、英語のリズム、アクセント、トーンが真似しやすくなります。

 

日本語のまっすぐなトーンから抜け出せない!と悩んでいるあなたにも是非試してみてもらいたいと思います!

 

今すぐ挑戦してみてください!