目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

英語で挫折しそう?アメリカ駐在中ネイティブっぽい英語を話すための1つのコツ

 

f:id:michiganenglish:20180702193508j:plain

Photo by Asdrubal luna on Unsplash
 

ネイティブが使うような表現を取り入れて、日本人っぽい英語ではなく、リアルな英語が話せるようになりたいと思いませんか?

 

日本人の多くは文法から英語を学んでいくので、どうしても日本語っぽい(日本語をそのまま英語に訳したような)英語になりがちです。せっかくアメリカに駐在になったのだから、それは卒業したいところですよね!

 

本場のアメリカで、英会話がペラペラになって帰国したい! 

 

自然な英語が話せるようになりたいのであれば、自分がどう話したかではなく、相手が何を言ったかに注目してみましょう!そうすると、自分の英語の下手くそさに落ち込むことはなくなります。そして、教科書の英語ではなくリアルな英語を学ぶことができます!

 

自分の英語に気を取られすぎ 

英語を頑張って勉強しているほど、自分のできなさにがっくり来ている傾向があるような気がします。

 

ちゃんとした文法の知識があるから一生懸命に文章を組み立てたり、難しい単語を使ってしまっていたりすることが、原因です。正しく、完璧をもとめて、自分に厳しいのはかえってつらい思いをして、英語が伸び悩みます・・・。

 

会話の後に落ち込んだり、後悔したりするするのはもうやめましょう!

 

相手が何を言っているのかに注目!

自分が何を言ったか、どう言ったかではなく、相手を観察することを大事にしてみてください!

 

自分で文章を組み立ててから話していることが大きな壁なんです。これだといつまでたっても日本語っぽい英語からは抜け出せません。どうにかして乗り越えたいところですよね!

 

でも相手のいったことを吸収していけば、自然な英語が身に付き、何も考えずに、英語がそのまま口から出るようになります。

 

しかも、その時の状況で覚えるので、記憶にも残りやすいというメリットがあります。

 

自分の話した英語に焦点を当てるのではなく、相手に注意が向くので、

「あー、本当はこう言えばよかったんだな・・・」

「全然できなかった・・・」

などと落ち込まなくなります。

 

どうやるの?

小さなことでいいんです。ちょっとした単語だけでも十分です!

 

近所の人の口癖

うちの近所に住んでいる、子供が同じクラスだったお母さんとは、学校でも会うし、散歩のときにも会います。その人の口癖が "gotcha" なんです。本人は意識してないと思いますが・・・・(笑)

 

「"gotcha" というのは相槌感覚で使うんだな!」

と思ったので、私は今ではよく使っています。

 

How are you? 

「"How are you?"のあとは "Fine, thank you. And you?" と言わないことはなんとなく知ってるけど、じゃあなんて言えばいいの?」

 

そんな時は自分で "How are you?" と聞いてみましょう!

 

その時に返ってきた答えがあなたの求めてるものです。

 

まとめ

 多くの人は自分の英語が下手なことに目を向けすぎています。 下手で当たり前、下手でいいんです!完璧な英語よりも、楽しいコミュニケーションを目指しましょう。

 

そのためには、「こういえばよかったんだ・・・」「あー間違えた」と思い直すのではなく、「さっきこんなこと言ってたな~」「なるほど!今度は自分で使ってみよう!」と、相手が言っていたことを思い出すことを大事にしましょう。

 

そして、新しく覚えたことを、自分でも使えるようになるようになると、英語がそのまま出てくるようになります。

 

しかも、日本語を英語にした不自然な表現から卒業できます!

 

是非、試してみてください!