目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

日本語と英語の違いに気づくだけ!10倍英会話がうまくなる方法!

 

 

f:id:michiganenglish:20180621075737j:plain

Photo by Pineapple Supply Co. on Unsplash

 

自然な英語を手に入れるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ネイティブの先生に英語のライティングの添削を頼むと、「文法上間違ってはないけど、正しくない英語、という指摘をされた」という話を聞きます。こういう場合は、日本語から英語に訳してから、文章を考えていることが原因です。

 

今回は夏休みという言葉から、日本語と英語の異なる点をくらべてみたいと思います!

 

そして、この差をどのようにしてなくしていけばいいのかを、お伝えしていきます~。よりネイティブに近い、ナチュラルな英語を話せるようになれるので、是非試してみてください! 

 

夏休みのとらえ方が全然違う!?

誰もがしたことのある会話の中にも、違いがものすごく表れています!子供がいる家庭は先週こんな会話をしたはずです。その時にちゃんと気づけてましたか?

 

意味は同じなんだけど・・・

先週私もいろんなところでやりました、この会話。そこで気づいたことがありました。

 

  • 日本人「夏休みはいつから?」
  • アメリカ人「学校が終わるのはいつ?」

 

そうなんです。2つとも同じ意味なのですが、とらえ方が違います。

 

つまり、 

 

夏休みはいつから?

When does summer vacation start?

When does your school end? / When is the last day?

 

 

Sumemr Vacationとは言わない

「じゃあ、"sumemr break" だ!」

なんて思いました?

 

それも不正解です。

 

アメリカでは、日本で言う夏休みのことは、単に「summer」と言います。休みという感覚が日本よりもないです。

 

共働きの家庭が多く、ほとんどの子供は毎日デイケアに行きますからね。学校と同じように朝から夕方まで家にはいません。うちの近所も昼間は静かなものです。

 

【例文】  

 

夏休みは何するの?

  • What are you doing this summer?

夏休みに日本に行きます。

  • We are going to Japan in summer.

夏休みはどうだった?

  • How was your summer?

 

 

 

どうやって英語の感覚を磨くか 

相手の言葉をよく聞く

違いに気づくためには、ネイティブが何と言っているのかに耳を傾けましょう。いくら正しい文法で文章を組み立てたとしても、結局は間違えているという、悲しい思いをしなくても済みます。

 

そうすれば夏休みをsummer vacationと言わないことだって、簡単に気づけるはずです。なぜなら、会話のどこにもsummer vacationなんて言葉が出てこないからです。

 

メリット

違いにちゃんと気づけることで、より自然な英語を手に入れることができるようになります。

 

しかも日本語から英語に訳すという作業もだんだん減っていき、英語を英語で考えて話せるようになります!

 

まとめ

このブログでいつもお伝えしている、「日本語から英語にするだけでは、英語は上達しない!」ということを理解してもらえたでしょうか? 

 

日本語を英語にできるだけじゃ、英会話はできるようにはなりません。大事なのは、会話の量です! 会話の経験を増やすことで、日本語にはない英語独特の言い回しや、表現の仕方を学べます。

 

日本語と英語のちがいに気づけるように、常にアンテナを張り巡らしておくと、だんだんネイティブっぽい、自然な英語が身につくでしょう~。