Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

駐在妻でも英語ができるようになる方法をお届けします!

渡米1年過ぎても話せない?そんな人向け!本【英語が激伸びする10の条件】

 

f:id:michiganenglish:20180611235711j:plain

 

英語が激伸びする10の条件

著者:石井辰哉

価格:1400円

 

内容の紹介

同じように英語を学習しても、伸びる人と、伸びない人がいます。「その違いは何なのか!?」ということについて書いてあります。伸び悩んでいる人たちでも、英語力をアップさせるための方法を10個紹介しています。

 

英語の参考書ではなく、どのようにして英語と向き合っていくかということが書かれた、「ハウツー本」です。

 

著者

石井辰哉さんは他にもたくさんの英語学習に関する本を出しています。半年でTOEICのスコアを500点から900点にアップさせたという経歴があり、TOEICに関する本をたくさん出版しています。

 

それに滋賀県TOEICの学習塾をやっていて、プライベートレッスンは16回で25万円以上!すごい!

 

どんな人にむいてる本?

 

  • これからアメリカに駐在する人
  • アメリカに住んで1年以上たつけど英語が全然上達しない人

 

著者の考えはどんな感じ?

 

  1. 1つのことを学ぶときは、英語のすべての分野の知識を使いながら学習
  2. 常に英語のことを考える
  3. 自分が思う以上に反復する 

 

良かった点

1.【激伸び条件2】「いつでもどこからでも何からでも吸収する姿勢でいる」

 

教科書を読むだけではなく、菓子の包み紙、ATMの英語の案内板、博物館などの英語のパンフレットをなども、とってもいい教材になると書いてあります。

 

他にも、暇なときに「これは英語でなんていうのかな?」と考えたりするといいと言っています。

 

私はいつも、車のなかで独り言を言っているし、道路の標識や看板などもすべて見ています。「こんなふうな言い回しがあるんだな~」ていうのを無意識にやっています!

 

2.【激伸び条件7】「センスの向上を重要視している」

 

文法が間違っていても、正しいことってあるんです、日常会話には!日本語にもありますよね!「ら抜き言葉」で論争が起きます(笑)英語を話していて、文法上は正しくないような気がするのに、なんかしっくりくる、ということはよくあります。

 

そういう「感覚的なものを大事にしよう」といっている英語の教材は少ないと思います。なので、勉強ばかりではなく、センスを磨くことも大事だというのは、とっても賛同できました。

 

3.【激伸びのコツースピーキング】

 

駐在妻にとって一番大事なのはここですよね!

 

いろんな練習方法が書かれていたのですが、その中でも印象に残ったことがあります。それは、

 

「リスニングは毎日ちょっとずつでも聞かなきゃ」と毎日頑張る人はいるのに、スピーキングの場合は週1回で上達させようと思っている人が多い

単語はコツコツ覚えたり、リーディングは毎日何分やるというのは、よく聞きます。でも、スピーキングに関しては、多くの人が勉強時間(話す時間)が本当に少なすぎます。

 

賛同できなかった点

1.【激伸び条件1】「複数の能力を連動させて向上させている」

 

考え方はとってもいいと思うんです。でも、その中のやり方について書かれてあるところについて、ちょっと疑問です。

 

例えば「単語の練習中をするとき、例文を読むときは文法を正確に把握しようと心がける」と言う感じで、これがそれぞれの勉強項目ごとに分かれています。

 

これだと、1つのことをやるのにも、時間がかかりりそうです。なので、英語の勉強が面倒くさくなってしまいそうだと、思いました。なるべく、簡単にできるように、必要最低限を、毎日コツコツ続ける方が、長く続けられます。

 

2.間違いは絶対にいけない・完璧を目指せ

この本全体について言えることなのですが、小さなケアレスミスでも「悪」なんだ!みたいな感じがあります。作者はTOEICの専門だからなのかもしれもせん。

 

でも、短い駐在期間で英語を上達させるためには、間違ってもガンガン会話する方が、良いと思います。

 

それに私たちは英語を第二言語として話すわけなので、完璧なんて絶対にありません。完璧を目指そうとするから、話せなくなってしまうのだと思います。

 

 

まとめ

【英語が激伸びする10の条件】を読むことで、英語への勉強の姿勢が変わること間違いなしです!そして、「英語が伸びない!」という悩みを解決してくれるでしょう~。

 

半分はTOEICやテストなどの日本に住んでいる人向けの内容ですが、アメリカに住んでいる駐在妻にも十分使えます。それに、日本に帰国してからの、英検やTOEICの勉強にも役立たせることができると思います。

 

是非読んでみてください!