目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

【あなたは大丈夫?】正しいホイップクリームの発音できてる?

f:id:michiganenglish:20180521190215j:plain

Photo by Brooke Lark on Unsplash

 

アメリカに来てから、スタバでの注文の際に、ホイップクリームが伝わらなかった経験はありませんか?

  

簡単な単語のなのに通じないと悲しいですよね。このままだとアメリカにいる間、スタバでホイップクリームを頼むたびに憂鬱な気分になりかねません。もしかしたら諦めて、ホイップクリームが本当はほしいのに、我慢してる人もいるかもしれません。

 

私はホイップクリーム大好きです~。

 

実は、ホイップクリームは、「ウィップクリーム」が正解です!

 

「WH」の言葉は「W」で発音します!ホイップクリーム以外にも、「WH」から始まる単語で、日本人が間違えて認識している発音を8つ紹介します!

 

とても簡単な発音なので是非、取り入れてみてください!これで、「ホイップクリーム」が明日から、必ず伝わるようになります~。

 

なぞの「ホ」

「WH」から始まる単語で、日本語になっている言葉がいくつかあります。なぜか「WH」のつく単語には最初に「ホ」をつけてしまうんです!WのあとにHがあるからでしょうか・・・・?

 

順番的には逆なんですけどね(笑)

 

例えば

 

  • ホエールウォッチング
  • ホイール
  • ホエイ(ヨーグルトの上澄みの液体。健康にいいんですよね~。)
  • ホワイト
  • ホワイトニング

 

これが邪魔してるんです!この「ホ」のせいで通じなくなってるんです!

 

日本語に慣れてるから変換しにくい

「ホ」が聞こえちゃう!?

ホイップクリームや上で挙げた5つの言葉はもう日本語ですよね!日常的に、頻繁につかわれています。

 

残念なことにそのせいで、頭の中で「ホ」がついた発音でインプットされています。「ウィップクリーム」と本当の発音を聞いたとしても、脳は「ホイップクリーム」だと勘違いして、聞こえます。

 

慣れがクセモノ

しかも、今ここで

「WHはWと発音すればいいのか!」

とわかったとしても、慣れとは怖いもので、なかなかスムーズに直すのが難しいのも問題です。

 

しっかり意識して変える必要があります。

 

スペルと発音が一致しない英語

英語と日本語の違いの1つに、書いてる文字と、発音が一致しないことにあります。

 

日本語にも少しだけあります。例えばこの2つです。

 

  • おとうさん➞おとおさん
  • せんせい➞せんせえ 

 

英語にはそれがすべてに起こります。3つの例を紹介します。

 

  • read ➞ リード、レッド(赤の意味のredとまったく同じ発音)
  • through と rough ➞ スルーとラフ
  • salmon と salon ➞ Lを発音しない、Lを発音する

 

WHはWと同じ発音

びっくりすることに、「WH」は「W」とまったく同じ発音をします!ここでは同じ発音のものと比べながら、よく使う単語を紹介していきます! 

 

▼まったく同じ発音▼

  • where - way
  • where - wear
  • which - witch
  • what - watt
  • wheel - we'll
 

▼最初だけ同じ発音▼

  • when - went, web site, welcome
  • why / white - wine, wild, wipe
  • whale - wake, wave

 

まとめ

スペルが「WH」なので、「W」の発音と同じになるなんて、考えもつかないですよね。きっと昔の人もそう思って、丁寧に「ホ」という文字を付け足したのかなと・・・・(笑)

 

ホイップクリーム」は英語が語源で、日本語でも日常的に使われています。冷静に聞いてみたら「ウィップクリーム」と言ってることに気づけるのに、あまりにも「ホイップクリーム」に耳が慣れすぎていて、なぜか通じない、という現象が起きています。

 

ホイップクリーム以外にもたくさんの「WH」の単語を、日本人は勘違いして発音しています!注意が必要です!

 

発音自体は日本語にもある「わ行」で簡単なので、是非気を付けてみてください。今まで伝わらなかったものが、簡単に伝わるようになりますよ!