目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

英語マニアの私がおススメする!ネット辞典4つ紹介

f:id:michiganenglish:20180313095759j:plain

Photo by Edho Pratama on Unsplash

 

 

「さーー、今日から英語の勉強始めるぞ!」

と意気込んだ時に、英語の意味を調べてもチンプンカンプンだと、やる気がなくなってしまいます。

 

ネットにはたくさんの辞典がありすぎて、どれが、どういいのか、よくわからないですよね。

 

そこで、英語をスムーズに学んでいくために、簡単に手っ取り早く、使いやすい英英辞典を知りたくないですか?

 

英会話にいかせる!間違いなく英単語が覚えられる方法【前編】でもお伝えしましたが、本当に英語が話せるようになりたければ、英英辞典が必要不可欠です。英英辞典なくしては、英語の勉強はできません。

 

私はいつも3種類のネット英英辞典を見ています。今までいろいろなものを試してきて、最終的にこの3つにたどり着きました。

 

なので、ここでは私がいつも使っているネット英英辞典3つと、初心者向けに英和辞典を1つ紹介していきたいと思います。そして、それらをどう活用していけばいいのかも、これを読めばばっちりです!

 

新しい英単語の、英語での説明を知ることによって、覚えたらすぐに使えるようになれます!

 

3つの英英辞典の活用方法

「なぜ3つも!?」と思いました?

 

そうなんです、私はいつも3つ(1つは英和辞典なので、私はそれは使いません)の英英辞典を見比べながら、新しい単語の意味を調べています。

 

辞典にはそれぞれ特徴があって、1つの単語を調べると、説明の仕方が辞典によって全然ちがいます。なので、いろんな辞典をみて、自分で1番理解しやすい説明のものを選んでいます。 

 

「英英辞典がいい!って聞いたから使ってみたけど、やっぱり私には難しかった・・・」

という人は、もしかしたら、単にその辞典が、あなたに合ってなかっただけかもしれません。 

 

Google 

https://www.google.com/

 f:id:michiganenglish:20180313185247p:plain

 

  特徴  

【メリット】

  • 載ってる意味が少ないので、見つけやすい
  • シンプルで見やすい
  • 同義語が出てくる(synonyms)
  • 例文が短くてわかりやすい

 

【デメリット】

  • 例文が少ない
  • 意味が分かりづらいときがある
  • 発音記号が独特でわかりづらい

 

 

注意!

日本語のGoogleにはない機能だということです!日本語の場合はGoogle翻訳になってしまいます。辞書ではなく翻訳なので、変な訳で出てくることが多いので注意が必要です。

 

日本語=英語とはならないので、機械的に訳すのは難しいのだと思います。

 

Cambridge Dictionary 

https://dictionary.cambridge.org/

f:id:michiganenglish:20180313185842p:plain

 

  特徴  

【メリット】

  • 意味の説明が短くてわかりやすい
  • シンプルで見やすい
  • 例文が簡単なものが多い
  • イディオム・フレーズなども出てきてくれる
  • 近くの言葉も見れる※

 

【デメリット】

  • ない!

 

 

 

近くの言葉も見れる※

検索した単語の一番下にスクロールしていくと、辞書の隣どおしになっている単語が見えます。

 

ネット辞典のデメリットに、他の単語が見えないことがあります。本の辞書だと、調べた単語の並びの言葉が、見開きページにずら――っと並んでいます。そのほうが、イディオムや同じ仲間の言葉などが目に見えるので、単語の変化に気づきやすくて、面白いです。

 

でも、この辞書だと前後いくつかの単語を見ることができます。⇩

f:id:michiganenglish:20180314040305p:plain

こうすることで、調べているときに実はイディオムで意味を成していることに気づけたりします!

 

あと、動詞で検索したのに、同じ意味の形容詞・副詞などもわかるので、1つ検索しただけで、3つの単語を覚えることができます。まさに、一石三鳥っ!

 

Merriam-Webster 

https://www.merriam-webster.com/

f:id:michiganenglish:20180313190000p:plain

 

  特徴  

【メリット】

  • 例文が多い
  • 英語学習者・子供向けの意味も載っていて、わかりやすい※
  • 言葉の成り立ちがある

 

【デメリット】

  • 意味がやたらと多くて、自分の知りたい意味がどれなのかわかりづらい
  • 意味の説明が、少し複雑な場合がある
  • 例文がわかりづらい物が多い

 

 

 

英語学習者・子供向けの意味も載っていて、わかりやすい※

f:id:michiganenglish:20180314043017p:plain

f:id:michiganenglish:20180314043124p:plain

 

Weblio辞書 

https://ejje.weblio.jp/

f:id:michiganenglish:20180314043234p:plain

 

  特徴  

【メリット】

  • 図で解説してくれてるので、イメージがつかみやすい※
  • 英語で調べることができない人むけ

 

【デメリット】

  • 見づらい(文法の説明なども載っていて、それが邪魔になります)
  • 意味がやたらと多い
  • 情報量が多すぎる

 

 

図で解説してくれてるので、イメージがつかみやすい※

この辞書のいいところは、単語の意味を図で説明してくれるところです!すべての単語ではないですが、前置詞なんかはこういうイメージを頭に入れておくと、理解しやすくなると思います。

f:id:michiganenglish:20180314043416p:plain

 

まとめ 

4つそれぞれのいちばんの特徴としては

 

  • Google:類義語
  • Cambridge Dictionary:見やすさ・わかりやすさ
  • Merriam Webster:子供向けと英語学習者向けのシンプルな意味
  • Weblio辞書:初心者向け・図での解説

 

などのメリットがあります!

 

辞典が10種類あれば、10通りの意味の説明がのっています。長い説明、細かい説明、などなど、作る人によってさまざまです。なので、英英辞典の3つを見比べながら、自分がわかりやすいと思う意味・例文・類義語を探してみてください。

 

人によって、論理的な説明が好きな人や、私みたいに、短い類義語が楽チン!と思う人、いろいろです。

 

一度英英辞典を使ってみたけどあきらめた人は、是非ここで紹介したネット辞典3つを試してみてください!きっと英英辞典が好きになります~。

 

そして、まだまだ電子辞書を引いているあなた!!

 

ネットの英英辞典に切り替えてみてください。携帯からもできて、いつでも開けるので便利です。しかも、コピペで超~楽です。わざわざ単語のスペルを打ち込まなくても大丈夫です。

 

是非おススメの4つのネット辞典を使ってみてください~。そして、英語を英語のまま覚えて、会話にいかせるように日頃から鍛えておきましょう!