目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

英語の母音は10種類以上!?今すぐできる発音のコツを紹介!

f:id:michiganenglish:20180310200139j:plain

 

日本語の母音は「あいうえお」の5種類です。とってもシンプルですよね~。それに対して、英語の場合は「a, e, i, o, u」から10種類以上の音ができます!

 

この母音をしっかり理解していないとどうなると思いますか?

 

実は、母音がちゃんと発音できていないと、いくら難しい「TH」「R」「L」がうまくできていても、通じないんです!「せき cough」が「ふくらはぎ  calf」に聞こえたり、「プール pool」が「引く pull」に聞こえたりしてしまいます!!!!

 

母音の発音は奥が深いので、舌の位置、口の形、口の開き具合と、1つ1つ見ていくとここでは書ききれません!

 

でも大丈夫!今回は、母音の発音のいろいろあるポイントの中から、明日からすぐに試せる、とっても簡単なやり方を1つ紹介します!

 

音の長さに注意する

母音の音の長さを気にしたことはありますか?この長さをしっかりと身につけるだけで、今よりも2倍通じる英語になります!

 

特に注意してもらいたいのは短い母音です。

 

  短い母音の例  

it pick but come bed pen

 

 

日本語は語尾を伸ばしがち

Aさん:「おはよー」

Bさん:「今日は道混んでたー」

Aさん:「たいへんだったねー」

 

こんなのよく日常でありますね!

 

注目してほしいのは語尾です。割と私たち日本人は、音を伸ばす傾向にあります。考えてるときに「えーーと」「ほらーー」なども、伸びちゃいます。

 

短い母音が苦手な日本人

何も意識せずに英語を話していると、つい日本語の「伸ばす」癖がでてしまいます。

 

自分では

「I live in Michigan.」

と言ってるつもりでも

「I leave in Michigan.」

となっている場合がほとんどです。

 

本当に短く言わないと、長い母音に聞こえてしまいます。

 

5つの母音から10種類以上の音

「a, e, i, o, u」から10個以上の音を作り出そうとするわけなので、長い音なのか短い音なのか、で違いが出てきちゃうわけです。

 

他にも、音の高低差や母音を2つくっつけたりする場合もあり、研究者によってその分け方はいろいろあります。なので、15種類という意見もあったり、20種類以上という人もいます。

 

気を付ける母音

似た単語の、短い母音と長い母音を紹介するので、比べながら練習してみてください!そして、自分でも探してみると、より理解が深まります。

 

そして、発音するときには、意識して短くするようにしましょう~。

 

※短い母音が右側

【日本語の「ア」-発音表記「ʌ」「æ」】

  • but  bat
  • run  ran
  • fun  fan

 

【日本語の「イ」-発音表記「ɪ」「i:」】

  • sit  seat
  • live  leave
  • hit  heat

 

【日本語の「ウ」ー発音表記food「uː」「ʊ」】 

  • foot  food
  • pull  pool
  • full  fool

 

【日本語の「エ」ー発音表記「e」「æ」】

  • men  man
  • end  and
  • hem  ham

 

まとめ

英語の発音で難しいのと言えば、日本語の音にない「R」「L」「TH」と思われ、どうしても、子音に焦点が当てられがちです。

 

でも実は母音にも日本語にない音がたくさんあります。

 

単に、「あっ」「あー」というのでは、日本語だと同じ母音ですが、英語では全然違う音になります。

 

日本人は、長い母音は得意なので、しっかりと短い音を短く発音することが一番のポイントです。 今すぐ試してみてください、今まで通じなかったのが通じやすくなること間違いなしです!