目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

これは盲点だった?英語の音読のすごい効果3つ!

f:id:michiganenglish:20180309102451j:plain

 

コーヒー好きですか?

 

でも、スタバで注文するのって、結構難しいんですよね。そんなときにかっこよく、スムーズに英語で伝えるためには、どうすればいいのでしょうか?

 

実は、日本語と英語では発生の仕方が違います。なので、日本語を話すときと同じように英語を話していては、なかなか通じません!よく「えっ?えっ?」って聞き返されて、何度も同じことを言わないといけないというのは、言葉だけではなく、声の大きさにも原因があると思います。

 

それに、「英語ができない」と頭の中で少しでも思っていると、それが邪魔をしてきます。多くの人が普段とは違う話し方になって、「モゴモゴしてしまう」「声が小さくなってしまう」ということになってしまいがちです。

 

緊張すると声が上ずったりするのと同じです。

 

そして、何度も聞き返されるというのを繰り返していると、

「あー、また通じなかった・・・」

となり、モチベーションが下がってしまいます。

 

その言葉や発音が原因以外で起きてしまう、「モゴモゴ話している」「声が小さくなる」というのを解決する方法が「音読」なんです!

 

「音読」を取り入れて、通じやすい英語を目指しましょう!

 

音読も英語の学習の一部

英語の勉強と言えば、「文法」「リーディング」「単語」「リスニング」「スピーキング」のだいたいこの5つから成り立っています。

 

学校でも、受験でも、TOEICでも、これらの5つに焦点が当てられています。そして、たいていの人が勉強と言えば、最初の3つの「文法」「リーディング」「単語」を中心に頑張っていると思います。

 

でもこれからは「音読」も、あなたの勉強のルーティーンの中に入れてあげてください!

 

では今から、音読のメリット3つを見ていきます!

 

音読のメリット

1.英語に慣れる

今まで何十年間も日本語を話してきた人にとって、英語を話すことは違和感のあることです。会話をしている間に、発音、文法などを気にしていると、自信がなくなってしまいます。

 

自信の無さから、のどや口の中の筋肉がかたまってしまっています。緊張すると手と足が同時に出ちゃって、カチカチに歩いてる漫画がよくありますよね!!あれが、口の中で起こってしまっている感じです。

 

普段から音読を行って、英語を話すことに少しでも慣れましょう!日本語とは違う音の並び、口の動かし方の運動をします。

 

おススメは、出かける前や、人と話す前に、大きな声で音読の練習をしておくことです!

 

朝から何も話していない状態だと、口の筋肉がほぐれていないので、英語を話すのにつっかえてしまいます。でも、音読をしておくと、そのままの声の大きさも出しやすくなるし、口も滑らかに動きます。

 

2.日本語の動きとは違う筋肉をしっかり使ってあげる

人間は話すときにいろんな筋肉を使います!

 

  • 口の開き方(縦なのか、横なのか)
  • 唇を突き出す
  • 舌の動き(これがかなり細かくて、上につけたり、下に押し付けたり・・・)
  • のどの開き方

 

と、無意識のうちに、口の中のいろんな筋肉を動かしています。

 

この筋肉の使い方が、日本語と英語では全然違います。なので、英語を話すためには、今まで使ったことのない筋肉を、動かしてあげる必要があります。

 

そのためには英語を発さなければいけません。そこで、「音読」をすることによって、筋肉のエクササイズになります。

 

日本語を話すときとは違い、無意識で英語の発音をすることは不可能です!私は今でも、しっかり口の中の動きに集中しています。特に舌の位置が英語の発音を大きく左右しています。

 

一番いいのは、正しい発音で音読することです。いろんな筋肉が使えるので。

 

でも、自分で発音をチェックするのは難しいので、自分のできる範囲でやるだけでも、効果はあります!

 

音読のときに普通に話すよりもより、大げさに口を大きく開けて、はっきりと話すことがおススメです。

 

3.英語を話す機会を増やす

英語学習者の99パーセントの人に足りないのは、英語を話す機会です。これが今の2倍に増えたなら、英語の上達も確実に2倍になります。

 

でも今は冬だし、人に合う回数も少ないです。それに、なかなか知らない人に話しかけるのは、慣れていない日本人にとっては勇気がいることでしょう。

 

そこで、それを少しでも補うためにも、「音読」が大活躍します。

 

「スピーキング」の練習というのは1人でできないものですが、「音読」ならできます!!!

 

ここで注意してほしいのは「スピーキングの勉強=音読」とはならないことです。あくまでも、「スピーキング」は人とのコミュニケーションなので、1人で練習することはできません。

 

「音読」は「スピーキング」を手助けする大きな役割を果たしてくれます。なめらかな話し方、発音の練習、口のエクササイズなどの効果が期待できます。

 

まとめ

「音読」のすごさが、わかっていただけましたか?

 

音読を毎日することで

  1. 英語の音に慣れる
  2. 口の中の筋肉のエクササイズ
  3. 英語を話す機会を増やせる

 3つの効果がが得られ、通じやすい英語が手に入ります!

 

面倒くさい暗記、考えたりすることではなく、ただ声に出して読むだけなので、今すぐに始められます!

 

チラシでも、本でも、雑誌でも、身の回りにあるものならなんでもいいので、是非試してみてください!もう「えっ?えっ?」って聞き返されるのを、卒業しましょう!