目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

さようなら英語の勉強!新しい英会話の学び方はコレ!

f:id:michiganenglish:20180222112024j:plain
Photo by Blaise Vonlanthen on Unsplash

 

突然ですが、私の特技は何だと思いますか!?実はこの特技があるからこそ、人よりも言語能力が高いんだと私は思っています。

 

さてこの4つの中から選んでください!

 

  1. おしゃべりが止まらない
  2. 記憶力が人よりも3倍くらいすごい
  3. マネがうまい
  4. 耳がいい

 

どれも英会話力には欠かせない感じがするのですが、正解は、

「3番の、マネがうまい」です!!!!!

 

モノマネとは違うのですが、小さいころから、周りにいる人の行動、癖、表情をまねるのが得意なんです。なんだか変な人だと思いました!?

 

例えば、小学生のころに転校生してきた「まいちゃん」(私と同じ名前!)はとってもきれいな子でした。転校生っていうだけで、魅力的なのに、さらにかわいいとなると、あこがれますよね~。

 

なので、つい真似しちゃうんですねー。手のあげ方や、ハンカチをいつもにぎっている子だったので、私もハンカチを持つようにしました。

 

他にも小学生の当時、「野村佑香」が流行っていて、彼女の話し方を真似したりもしていました。「真似をしよう!」と思ってするのではなく、なんだか自然とやってしまうんですよね~。

 

前置きが長くなりましたが、実は「真似をすること」が英会話上達へつながるんです!

 

ここでは私以外の人の例として、英語がうまい芸能人のあの2人も紹介します。

「やっぱり真似がうまい人は英語もうまいんだ~」

と納得してもらえるかなと思います!

 

そして真似が得意じゃないあなたのために、どんなことをどんなふうに真似をすれば、英語上達につながるのかを説明していきます~。

 

 

芸人で英語がうまいあの2人

ビヨンセの真似をする「渡辺直美」と、アカデミー賞受賞した女優さんのネタをする「ゆりやんレトリィバァ」です!

 

この2人のネタとっても面白いですよね~。

 

渡辺直美ちゃんは、英語の教材のCMでも英語を話していました。発音もいい感じで、イントネーションもさすが!という感じですよね。あのビヨンセのリズム感がいかされてるっ!

 

りあんアカデミー賞を受賞した女優さんのネタのときの、アメリカ人の表現力というか、振る舞いとかそっくりです!そして日本語を英語に聞こえるように「ペラペラ~」というところは、本当にすごいと思います。

 

英語のリズムをうまくまねてるから、日本語が英語っぽく聞こえるんですよね~。

 

そして、途中の英語もうまいです!

 

りあんを知らなければこちら⇩

www.youtube.com

 

学ぶは真似るからきてる

これ、よく聞きますよね。「学ぶの語源は真似る」だと。

 

まねる、まねる、まねる、まねる・・・・まなる、まなる、まなる・・・まなぶ! 

 

昔から寿司職人やラーメン屋さんでは、師匠から「これはこういう風にしなさい」と言葉で指導を受けるのではなく、「見て盗め!」なんて言われていますよね。

 

これも、最初は見ながらマネすることから始まります。

 

なので、英語の勉強も「真似る」ことから入ることをおススメします!!!

 

解決方法

口をまねる

これは会話をしているときにはなかなかできませんが、発音が良くなるにはこれが効果があります!

 

YouTubeの発音の動画を見るときは、ただ聞き流すのではなく、しっかり動画を見ましょう。できれば大きい画面がいいです!!!!そして、説明通りに舌を動かしたり、口を動かすのは当然ですが、その人の口の動きを何度も繰り返し見るのがとってもいいです!

 

まずは口の開き具合をしっかり学んで、そのあとに、口の尖らせ具合、舌の位置、形と、細かく見ていくと発音は完璧になります~。

 

まずは簡単な「H」の音から試してみるのはどうでしょうか?⇩

www.youtube.com

 

音をまねる

 こんどは、英語のリズムです!

 

英語と日本語では、イントネーションのつけ方が全然違います。日本語は平らなのに対して、英語は山あり谷ありです。

 

人が話していることを繰り返してみましょう。子供のころに歌った「やまびこさ~ん、やまびこさ~ん」のような感じです。歌を繰り返すような感覚で、楽しくやってみてください!

 

最初は短いところからはじめます。

 

例えば「I am」だけでも十分です。2つの単語からはじめて、いろんな組み合わせでやってみます。そして、だんだん文章にしていきましょう。

 

そうすることでリズムが体に身に付き、自分で話すときも自然と英語のイントネーションが出てきます!

 

表情・動きをまねる

私は高校生のとき、日本から飛び出してメキシコに行ったときに、一番初めに気づいたことがあります。

 

それは

「みんなガニマタ(笑)」

 

日本は内股のほうが女の子ってかわいい感じありますよね!?なので、当時私もわざと内股で歩いたりしてました。写真とかも内股でポーズしてました(笑)雑誌のモデルさんも、結構内股のポーズ多くないですか!??

 

でもメキシコに行ったらみんながガニマタだったので、

「ガニマタにしたら足が長く細く見えるのかも!?」

かと思い、すぐに内股からガニマタに切り替えました~。

 

今でも足先を外に向けてます!

 

なので、こんなマネでもいいんです~。

 

日本とは違うなと気づいたら、それがチャンスです。是非マネをしてみてください!

 

アメリカ人のマネが難しければ日本人をマネる

突然アメリカ人の真似をするのは難しいかもしれません!

 

だったら、周りにいる英語がうまい人の真似をしてみましょう。私のようにアメリカに長く住んでる永住の人だったり、国際結婚をしている人なんかもいいと思います。

 

そして、そういう人たちの話してる英語の方が真似しやすいんです!

 

まとめ

ということで、これから英語の勉強を始めようと思っているあなた、重い腰を頑張ってあげなくてもいいんですよ~。

 

まずはマネすることから入ってみてください!簡単すぎですよね!!!すると、見る見るうちに英会話が上達すること間違いなしです。

 

私はメキシコに留学した当初、スペイン語の知識がゼロでした。勉強をしたことがなかったので、文法は全然わからなかったし、ボキャブラリーなんて「トイレ」くらいしか知りませんでした。でも、この私の特技である「マネ」のおかげで、3ヵ月くらいで日常会話ができるようになっていました!

 

あなたも明日から「マネ」をして、駐在中に英語ペラペ~ラになりましょう!!