目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

英会話にいかせる!間違いなく英単語が覚えられる方法【前編】

f:id:michiganenglish:20180131115526j:plain

 

英単語ってなかなか覚えられないですよね・・・。覚えたとしてもうまく会話にいかせなかったりと、なかなか苦戦するのではないでしょうか。

 

「もう年か・・・」

なんて思っちゃいますよね。

 

でも大丈夫です!そんな問題をパパっと解決しちゃいましょう~。

 

今回はボリューミーなので、前編【意味の調べ方】と後編【単語の覚え方】に分けてお伝えしていきたいと思います!これさえ読めば、あなたも確実に新しい英単語が身に付きます!

 

単語を覚えるためには、まず単語の意味を調べることからはじめなければいけません。残念なことに、ほとんどの人が、この最初の段階で間違っています。

 

それでは正しい単語の意味の調べ方を見ていきましょう!

 

翻訳・英和辞典は絶対に使わない

このブログで何度も言っていますが、携帯の翻訳機能は絶対にダメです。もし英和辞典などの電子辞書をもっていたら、今すぐ捨ててください!

 

あなたのせっかく覚えた英単語が、日常生活に使えないのは、この「翻訳機能」と「英和辞典」にあります。英語と日本語はイコールではないので、どうしても違和感が出てきてしまいます。

 

よく聞く、

「日本語のあの細かいニュアンスを伝えたい~」

なんて思っていたら一生英語ができるようにはなりません。

 

日本語が繊細で、英語ががさつなわけではありません。英語でも日本語にはないニュアンスの表現がたくさんあります。

 

英英辞典を使う

必ず英英辞典を使いましょう。

 

昔とは違い、インターネット上に辞書のサイトがいっぱいあるので、本屋さんで買う必要はありません。むしろインターネットの方がいいことがいっぱいあります。

 

まず、わからない単語がでてきたらコピペすることができます。わざわざ面倒くさいスペルなど気にする必要がありません。

 

そして、携帯でも見れるので、持ち歩きに便利です。わざわざ重い辞書はいりません。

 

いろんな英英辞典を見る

インターネットの辞書のサイトのメリットが、ここでもとっても役立ちます。

 

同時にいろんな辞書の説明を見比べながら調べて行くことが大事です。サイトによって単語の説明が違うので、自分が一番わかりやすいと思う説明を選ぶことができます。

 

なので私はいつも、パソコンのウィンドウの上のタブに、3つくらい、辞書のサイトを出しています。

 

【おススメサイト】

 

類義語・反対語を調べる

英英辞典で調べても説明がよくわからなったりした場合に、とても便利です。1つの単語につき、たくさんの類義語が出てくるので、意味をつかみやすいです。

 

そして、そのうちの1つを知らない単語に置き換えれば簡単に意味がわかります。

 

辞書のサイトの中にもsynonym(類義語)と出てきたりします。でも、わからない単語 synonymと検索すると、さらにいっぱいの単語が見れるので、検索するのもアリです。

 

単語の成り立ちを調べる

とってもマニアックなのですが、これが結構いい感じなんです。

 

これは日本語で探してもオッケーです!わからない単語 成り立ちで検索すると割と難しい単語でも、サクッと出てきます。

 

腑に落ちる感じがして、印象にも残りやすいので覚えにくいと思った単語にも使えます!

 

画像も検索

特に名詞の場合にはものすごく役に立ちます。

 

たいていは1つの単語には複数の意味があります。でも、1つの単語に対して、たくさんの意味を覚えるのは難しいです。画像検索は、そういうのをイメージとしてとらえることができます。

 

発音も忘れない

これが一番見落とされがちです。せっかく新しく単語を覚えても会話の中に出てきた時に聞き取れなかったり、自分が発音できなくてうまく伝えられなければ、単語を覚えた意味がゼロです。

 

「イヤ~、私の英語の勉強の目的は英会話ではなくて、英語の本を読むことだから~」

なんて人はいいですけど・・・・。

 

しっかり発音記号をみて、発音を聞いて正しい発音を身につけましょう!

 

まとめ

単語を覚える前に、意味を調べるための基本 6か条

 

  1. 翻訳機能・英和辞典は捨てる
  2. 英英辞典は数種類をフル活用!
  3. 類義語・反対語
  4. 単語の成り立ち
  5. 画像
  6. 発音を忘れない

 

いかがでしたか?

 

「え~、こんなことしてたら日が暮れちゃう!!!」

なんて思いました?

 

そうなんです!

 

単語を日常で使うために覚えるのは、こんなにたくさんのプロセスが必要だったんです。ただ単に、チョロチョロっと携帯で知らない単語を調べたくらいじゃ、絶対に覚えることはできません。

 

明日は後編の「単語の覚え方」について紹介していくので、お楽しみに!