目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

駐在妻必見!英会話ができるようになるための大原則

f:id:michiganenglish:20171223120012j:plain

Photo by Alicia Jones on Unsplash

 

せっかくミシガンに来たのだから、英語ペラペラになって帰りたいですよね!

 

でも

「なかなか英会話が上達しない」

「英語を話す勇気がでない」

「英語ができなかった時のトラウマで、英語はあきらめた」

と悩んではいませんか?

 

もしかしたら、間違うことを心配しすぎていることが、原因かもしれません。日本人は世界でもまれにみる、心配性なのだそうです。

 

ここでは、間違うことが、どれだけ英会話上達に大切なことなのかを、説明していきます。間違うことを恐れなくなることによって、自信がつき、自分から話せるようになり、どんなシチュエーションにも対応できる、英語力がつきます!

 

間違うことはいいこと

英語が、いつまでたっても話せない人は、間違いを恐れていることが、原因の一つにあります。きちんと、正しい英語を話せないことは恥ずかしいことだと、勘違いしているひとが多いです。

 

「間違い=悪い」から「間違い=素晴らしい」に、頭を切り替える必要があります。

 

間違ってる人がいたら、

「私ももっと間違えなきゃ!」

と、思えるくらいになりましょう。

 

間違いが多い人=会話が多い人

1日で、英会話中に間違いを10個した人と、0個の人だと、一見、0個の人の方がすごい気がします。

 

でも、10個の失敗には10個以上の会話が、あったからです。0個の人はもしかしたら、会話もゼロだったのかもしれません。これを1年間続けた場合、前者の方が確実に上達しているでしょう。

 

英会話上達の1番の近道は、会話をすることです。つまり、間違いを沢山経験している人は、それだけ会話の量も多いので、英語も上手になります。

 

失敗しない人なんていない

私もいまだに、言い間違えることはあります。

 

つい先日もターゲットで

"Do you work here?" と男の人に聞いたら、

"Yes, I do!" と、言われたので、

"I do!" と言ってしまいました。(本当は "You do!" と言いたかったのに・・・)

あわてて、言い直しました。

 

誰しも、難しいことに挑戦するときは、最初はうまくいかないものです。でも、そのしくじりを恐れて、チャレンジし続けなければ、成功はありません。

 

そして、失敗してるのは、あなただけではないです。今英語がペラペラに見える人だって、たくさんのミスをしてきて、今があります。英語が第二言語の人なら誰しも、間違えることは、必ずあります。

 

間違えた時こそ学ぶ

 

 

アメリカに住んでいれば、ほとんど毎日英語を話すと思います。でも、引っ越してきてから今まで、英語がうまく言えた時よりも、失敗した時のほうが覚えていませんか?

 

失敗すると、記憶に残りやすいです。

参考→ネガティブな記憶ほど残りやすい!嫌なことを忘れる7つの方法 | スキルアップ堂

 

その間違いが、頭の片隅に残っているので、同じシチュエーションに、あなたがまた出くわしたときに、それを修正することができます。これを繰り返すことで、どんどん改善され、完璧に近い、英語を話すことができるようになります。

 

いつか笑える時がくる

失敗した時は、悔しい思いや、つらい思いでいっぱいです。でも、それを乗り越えた後の、失敗談って面白くなります。

 

今の自分の英語力での失敗が、おもしろおかしく話せるようになった時こそ、英会話が上達したときです。

 

まとめ

英語を間違えることは、英会話上達には欠かせません。

 

たくさん失敗していることこそ、頑張って英語で会話しようとしている、証拠です。それに、世の中には、失敗しない人なんて存在しません。間違えた時こそ、チャンスだと思って乗り切りましょう。

 

間違えることを怖がらずに、どんどん話していきましょう!