目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

英語での会話が続く!沈黙にならないための秘策

f:id:michiganenglish:20171214073949j:plain

 

 

周りの人に勇気を出して話しかけてみても、なんだか、しっくりこない、結局会話が成り立たずに終わってしまう、なんて経験ありませんか?

 

もしかしたら、それはあなたの英会話力の問題ではないかもしれません。

 

実は、英会話に必要なのは、英語の勉強だけではなく、頭を使うことが必要です。そして、日本とアメリカの文化の違いで、コミュニケーションのとらえ方が違う、ということを認識しておくべきです。

 

会話が続くことによって、相手との信頼関係も築きやすくなるでしょう。

 

頭をフル回転させる!

5W1Hを会話に入れる

英語での会話を続けられるようになりたい、と思っているのであれば、会話中に沢山の「5W1H」(いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのように)を、ひらめくことが重要です。

 

日本語は1つの質問に対して、1つの答えしか返ってこない傾向にあります。でも、英語の場合は、1つの質問をすると10以上の回答が戻ってきます。

 

例えば

「私はリンゴが好きです」

と一口に言っても、突っ込みどころがたくさんあります。

 

  •  種類
  • サイズ
  • 触感
  • あまい、すっぱい
  • みずみずしい
  • 生で食べる、調理して食べる
  • どんな風に切って食べるのが好き

 

いろんな言葉や説明を使って、1つの文章をふくらますことが可能です。

 

アメリカ人と話していると、初対面でも

「そんなことまで、私に言うの!?」

と思う場面に何度も出くわします。

 

5W1Hで質問する

会話は2人以上でやるものなので、自分ばかりが話しているわけにはいきません。

 

5W1Hを活用して、相手の話にも、必ずたくさんの質問をしてみましょう。自分のことに興味を持ってくれているというのは、誰でもうれしいことです。

 

 

日本とアメリカの文化の違い

聞き上手が良いとされる文化

日本ではたくさん話す人よりも、聞き上手のほうが印象が、いいイメージです。なので、どうしても聞く方に、偏ってしまうのでではないかと思います。

 

そのせいか、自分のことは、あまり話さない傾向にあります。

 

そして、自分のことをペラペラ話す人は自慢している、と思われ、マイナスな印象を与えてしまいがちです。

 

沢山話す人を好む文化

アメリカでは、話を黙って聞いているだけだと、意見がない、自分を持っていない、もしくわ、どうでもいいと思っている、というマイナスなイメージがあります。

 

そのため、アメリカ人はどうでもいい細かいことを、沢山並べて、そこから話をふくらませて、コミュニケーションをとっています。

 

初対面の人とのコミュニケーションの違い

日本人同士

初対面だとお互い気を使って、そこまで会話が盛り上がらないと思います。やはり、どこまで踏み込んでいいものか、探り合いながらのおしゃべりになりがちです。

 

それに、スーパー、コンビニで、店員さんと会話をする人は少ないでしょう。どこかで、一線引いているはずです。

 

アメリカでは

ホームパーティーに招かれたら、初対面の人がいることが普通です。でも、パーティーから帰るころには、みんなと仲良くなってしまいます。

 

「前からの知り合いだったんじゃないの?!」

と思うくらいに、お互いずっとペラペラ話しています。

 

それに、街のあちこちで他人に話しかけるのも、アメリカ人の特徴です。

 

まとめ

 英語での会話が、沈黙で気まずくならないようにするポイントは2つ

  1. 5W1H」で考える
  2. 5W1h」で質問する

 

英会話をスムーズにするために、日本人に必要なことが2つ

  1. 聞き上手よりも、話すことを優先
  2. 初対面でも、昔の友人のごとく接する

 

これらのことを頭に入れておけば、「英語での会話が続かない」という悩みを、回避することができます。

 

あなたも一度試してみてください!