Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

駐在妻でも英語ができるようになる方法をお届けします!

駐在中に歌うかも!?"Santa Claus is coming to town"で学べる英語とは

 

f:id:michiganenglish:20171212122442j:plain

 Photo by Natalie Rhea Riggs on Unsplash

 

私はクリスマスの雰囲気が大好きです。街中がソワソワした感じがして、ワクワクしてきます。そこに欠かせないのが、クリスマスソングです。

 

アメリカに来た当初、

「ずっとクリスマスの曲かかってるラジオがあるなんてすごい!!」

と、驚きました。

 

アメリカの超定番クリスマスソング "Santa Claus is coming to town" を使って、発音のポイントとボキャブラリーを見ていきましょう!歌なので、繰り返されることが多く、発音の練習が続けやすく、単語も頭に入りやすいのが、メリットです。

 

Bruce Springsteen - Santa Claus Is Comin' To Town (Audio) - YouTube

You better watch out 
You better not cry 
You better not pout 
I'm telling you why 
Santa Claus is coming to town(3回)

He's making a list, 
Checking it twice; 
Gonna find out who's naughty or nice. 
Santa Claus is coming to town(3回)

He sees you when you're sleeping 
He knows when you're awake 
He knows if you've been bad or good 
So be good for goodness sake 

With little tin horns and little toy drums
Rooty toot toots and rummy tum tums
Santa Claus is coming to town(3回)

He sees you when you're sleeping 
He knows when you're awake 
He knows if you've been bad or good
So be good for goodness sake 
Goodness sake 

https://www.azlyrics.com/lyrics/lonestar/santaclausiscomintotown.htmlより抜粋

 

発音ポイント 

Santa Claus

1.Santa

サンタの "a" は「エア」の発音なので、どちらかというと「センタ」に聞こえます。

 

2.Claus

最後の "s" は "z" の発音になります。「センタクローズ」が英語に近い発音です。

 

3."t" が なくなる?!

「サンタ」→「センナ」

"t" の前に "n" がくると "t" の音がなくなることがあります。特に早く話しているときに起こります。この歌の中でも、普通の "t" と発音しているときと、発音していない時があるので、注意して聞いてみてください。

 

"t" がなくなる場合

  • center(センナ―)
  • winter(ウィナー)
  • international(インナーナショナル)

 

-ing (telling, checking, making, sleeping, etc)

現在進行形の "ing" の "g" は発音しません。

making a list → メイキ ナ リスト

telling you why → テッリン ユ ワーイ

 

coming to town

"t" がなくなる!

"Santa" は単語でしたが、文章のなかでも "t" と "n"  がくっつくと、同じことが起きます。 "ing" の場合の "g" は発音しないので、"n" が最後に来るのと同様です。

 

coming to town → カミ ヌ ターン

checking it twice → チェッキン 二 トワイス

 

ボキャブラリー

日常でもよく使われるものをピックアップしました!

 

You better

You'd better (You had better / You would better)の省略

意味:こうしたほうがいいよなどと、アドバイスのニュアンスがある

 

例文

You'd better be careful.(気を付けたほうがいいよ) 

You'd better listen to your parents.(親の言うことは聞いたほうがいいよ) 

 

watch out

意味:気を付ける

 

Watch out! きをつけて!(子供によく使います。 "Be careful." よりもこっちのほうが頻繁に使われます。

 

find out

意味:知りたい情報を得ること、知らなかった事実を学ぶこと

 

I just found out that the school would be cancled tomorrow.(学校が明日お休みになることが今わかった / 気づいた)

We must find out the way out.(どうやってここから出るか、考えないと / 学ばないと)

 

naughty 

意味:(子供に対して)悪い子

クリスマスのときに頻繁に聞かれます。他のクリスマスソングにも多くでてきます。 "bad" ではなく、"naughty" の方がクリスマスのときは一般的です。

 

まとめ

 

ここで学んだ発音を、歌詞だけで練習するのではなく、自分が実際に、よく会話で使ってるフレーズや単語などにも、応用させてみてください。普段聞いてる洋楽なども、同じ発音があるかどうか聞いてみるのもいいでしょう。

 

ボキャブラリーも同様に、参考書の中で探してみたり、ほかのクリスマスの歌詞を見ることをおススメします。

 

"Santa Claus in coming to town" から、英語の世界をどんどん広げていってもらえたら、幸いです。