目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

間違えていませんか?"woman"と"women"の違い

f:id:michiganenglish:20171205235716j:plain

Photo by Katy Belcher on Unsplash

 

ところで、英語の発音は、

  1. スペルと一致しない
  2. アルファベットの並び順と発音に規則性がない

ということは知っていますか?

 

これをちゃんと理解できていないと、いつまでたってもカタカナ英語から抜け出せません。

 

ここでは、誰もが知っている単語 "woman"と"women" を使って、日本人がやってしまいがちな間違いを、紹介していきたいと思います。この2つの本当の発音を知ると、もっと発音が面白くなるはずです!

 

 スペルに惑わされている

  • woman
  • women

 

多くの人が「ウーマン」「ウーメン」と発音していると思いますが、間違っています。

 

実は、スペルの違う部分 "man"と"men" は同じ発音をして、逆に共通した "wo" の部分こそ、違った発音をするんです!

 

発音記号

  • woma[wʊmən]
  • wome[wɪmən]

 

発音記号を見てみると、よくわかります。びっくりですよね。

 

青い部分はスペルが共通していますが、発音の記号が違う形です。赤い部分は、スペルは違うのに、発音の記号は同じになっています。

 

日本語では、書いてある文字と発音は一致するので、どうしても私たちは、勘違いをしてしまいがちです。

 

"wo" の発音のコツ

  • woman  look, put, could と同じ
  • women  sit, his, still と同じ

 

"man" "men" の発音のコツ

母音を発音しないようにするのが、ポイントです。

 

日本語にしてみると

  • woman ウメン
  • women ウメン

 

まとめ

この "woman" と "women" の2つをくらべてみると、英語は書いてある言葉と発音する言葉は、一致しないということがよくわかります。

 

スペルに惑わされずに、耳で聞こえるほうの発音をするように心がけましょう。

 

あなたが普段よく使う単語も、もしかしたら間違えて覚えているかもしれません。この機会に一度、簡単な単語こそ見直してみましょう!