Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

駐在妻でも英語ができるようになる方法をお届けします!

すぐできる!英語を英語っぽく話すコツ

f:id:michiganenglish:20171117114747j:plain

Photo by Alice Moore on Unsplash

 

文法も理解して、ボキャブラリーも豊富で、うまく文章も作れるようになった!

英語がまあまあ話せるようになってきて、初級は抜け出せた!

けど、まだ何かが足りないな・・・。なんだか、英語が英語っぽく話せない・・・。

 

こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

 

もしかしたら、それはあなたの英語の能力が問題ではないかもしれません。

 

実はその秘密は、「裏拍」にあるんです!少しだけリズムを変えてみるだけで、ぐーんと一気に、英語がうまくなる方法をお伝えします。

 

日本語と英語では拍子の取り方が違った!

拍子というのは、よく音楽で使われる用語です。小学校の音楽の授業で、4拍子や3拍子を使って、指揮の練習をしたのを覚えています。

 

音楽の4拍子というのは、1・2・3・4と数えます。そして、そのひとつづつのことを1拍と言います。

 

言葉の拍子

言葉にも音楽のように、拍子があります。言葉を数えるときには、音節、または英語で、syllableという言葉を使います。

 

日本語の音節はとてもわかりやすいです。一つ一つの文字が、それぞれ一つの音節でできています。例えば、「おはよう」は4つの音節からできています。

 

それに比べて英語は、すこし複雑です。「good morning」という言葉には実は、音節は3つしかありません。でも、日本語読みをすると「グッドモーニング」と8こに感じてしまいます。そこが、私たち日本人にとって、英語を難しいと感じてしまう一つの要因でもあります。

 

ここまでは、たくさん英語を勉強している人ならわかっていると思います。でも、実をいうと、数え方よりも、リズムが重要なんです!

 

日本語と英語のあいづちで比べてみる

あなたは普段どんなあいづちを使って、おしゃべりをしていますか。あいづちの仕方は人によってさまざまで、沢山の種類があります。まずは、どんなふうに違うのかを日常的に一番よく使われる「うん」と「uh-huh」の2つを、比べてみましょう。

 

 

うなずくタイミングの違い

日本人でもアメリカ人でも、あいづちをするときにはうなずきます。でも、このタイミングに大きな違いがあったのです。

 

同じ2つの音節でできた単語で、比較してみると・・・

日本語  う

英語   あはん (uh-huh)

※赤い文字のときにうなずきます。

 

真逆のところに拍が来ているのが、よくわかります。これがまさに「裏拍」なんです!

 

日本語のリズムで英語を話すと話しづらい

英語の文章を読んだりするときに、言いづらいなと感じるのは、この拍の取り方が違うからなんです。詰まってしまったり、うまくつながらない、スラスラ言えない、と感じている人は多いと思います。

 

文章で拍の違いを見てみる

よく日本人が話すのはこんな感じです。

アイ ライク ミュージック アンド ダンス

●         ●    ●    ●    ●          ●

アメリカ人はこうしてる!    

アイ ライク ミュージック アンド ダンス   

            ●                ● 

 

全然違うのがよくわかります。こんなにも、日本語と英語のリズムがそろっていないので、日本語のように英語を話すと、話しづらいのは当然です。

 

日本の童謡「ちょうちょう」

ちょうちょうを、手を叩いて、普通の拍子をとりながら、歌ってみてください。そのあとに、裏拍でも試してみてください。

 

そうすると、裏拍の方に、少し違和感を感じると思います。叩きづらいのと、なんだか子供の童謡なのにかっこいい感じになった気がします。ガラッと雰囲気が変わってしまいました。

 

それが英語を話すときにも、同じことが起こっています。

 

裏拍をマスターする方法

首を振ってみる

まずは裏拍に体を慣らしていくために、首を大げさにふることから練習してみましょう。

 

こうすることで、裏拍を体から覚えることができます。最初は意識しながらやってみるしかありません。でも、だんだんそれが英語を話すときの習慣となって、自然にできるようになるでしょう。

 

裏拍のタイミングを自分のよく知ってるフレーズで体に叩き込む!

日本語のうなずきよりも、一個遅れた感じで首を振ります。日常的によく使われる短いフレーズで、見ていきましょう。

 

【赤い文字のタイミングで首を振ります】

  • Can I ~ ?     ケアナイ~? 
  • I like ~ .       アィライ
  • I went ~ .     アィウェンㇳゥ
  • Great!       グレイㇳゥ
  • How are you?     ハゥアーユー
  • I know.        アィノウ

 

まとめ

英語を話すときに、裏拍を意識することは、ネイティブっぽく聞こえるだけではなく、自分でも英語を話しやすいと感じるでしょう。

 

今回の、裏拍ができるようになるためのポイントは

❝①首を振る ②よく使う短いフレーズで練習する❞

 

是非この裏拍を取り入れていってもらいたいと思います!

 

 

 

South Lyon・Noviに住んでいる方必見!
英会話個人レッスン受けつけてます。
まずは1時間無料体験を試してみませんか? 

お問い合わせはこちらをクリック