Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

駐在妻でも英語ができるようになる方法をお届けします!

嫌いな英語が面白くなる!?漢字と英語のおどろきの共通点

f:id:michiganenglish:20171104114800j:plain

Photo by Erik-Jan Leusink on Unsplash

 

英語が嫌いだけど、どうにかしたい!

アメリカに住むことが決まって、英語の勉強をしないといけない!とわかっていても、昔から英語が苦手だった。

 

英語を苦手としている人はたくさんいると思います。私も中学、高校のときはあまり好きじゃありませんでした。

 

でも、日本語が嫌い!という日本人はいません。日本語全然しゃべりたくない!なんて言ってるのは、聞いたことがありません。それに、日本語話したくないから、外出したくない!というのもありません。

 

ということで、あなたが毎日使う日本語の漢字と、苦手な英語の共通点を紹介していきます。この共通点を通して、英語に少しでも親近感を持ってもらえたら、と思います。そして、英語嫌いを克服しましょう!

 

Millipedesって何? 

先日、子供の理科のテストの勉強を一緒にやってるときに、Millipedesという生き物が出てきました。テスト勉強用に学校からもらってきたプリントなのに、子供に「これどんな生き物?」と聞いても「知らない」と言います。

 

そこで、よーく単語を見てみてると「あ!」と気づいたことがありました。millipedesという単語は「milli」と「pedes」の2つからできてる単語かも、と思いました。

 

それぞれ、どういう意味なのかというと・・・・

 

milli

  •  「million」の意味
  • millionaire(ミリオネア)
  • 宝くじなどで当たるお金は1ミリオン(約1億円)
  • そこから「たくさんの」という意味もある

 

pedes

  • pedicure(ペディキュア)
  • pedestrian(歩行者)

 

milli + pedes =

つまり「1億、たくさん」「足」の生き物なので、ムカデ?みたいなものが頭に浮かんできました!調べてみると写真には想像通りの虫が出てきました。気持ち悪かったです(涙)

 

驚愕!?ムカデは漢字で○○!

驚いたことに、ムカデは漢字で「百足」と書くんだそうです!発想が英語と似てますね。

 

もしあなたが本を読んでいて、たとえ「百足」がムカデだとは知らなくても、きっと前後の文章や内容から推測して「ムカデ」と頭に浮かんできたと思います。

 

私たち日本人は存在する、すべての漢字を知っているわけではありません。そして、読めるけど書けない漢字などもたくさんあるのが普通です。

 

英語を話す人たちも同じで、すべての単語を学校で習うわけではありません。大人になって難しい本を読んでいて、わからない単語が出てきても、前後の文章、そして単語からある程度の意味をくみ取っています。

 

漢字と英語が似ている

実は英語は、いくつかのかたまりの組み合わせにより1つの意味を持ちます。そこが漢字との共通点なのです。しかも、ただ組み合わさっているのではなく、意味を持つもの通しで組み合わさっています。

 

それがどういうことなのか、詳しく説明していきたいと思います。

 

漢字の組み合わせ

漢字は部首、つくりなどから成り立っています。簡単な漢字が組み合わさってできる漢字もあります。そして、漢字を2つ3つ組み合わせて熟語にすることもできます。

 

いろんな形からできている漢字のパーツを見てみると、私たちにはだいたいどんな意味を含んでいるのかがわかります。

 

 例えば

  • さんずい   水に関するー海、池、沼
  • くさかんむり 自然に育っているものー草、花、芋、芝
  • おんな    おんなの人を表すー妹、姉、姑、妊婦
  • さかなへん  魚の名前ー鮪、鮃、鱈、鯨、鰯

 

熟語の場合にも組み合わせで想像ができます。

  • 海星 ヒトデ
  • 熊猫 パンダ
  • 蝸牛 カタツムリ

 

英語の組み合わせ

一見、私たち日本人が長い英単語を見ると、アルファベットがたくさんあるだけのような気がします。でも、実はただ単にアルファベットが並んでいるのではありません。漢字と同じように、 意味を持つかたまりがくっつきあって1つの単語になっています。

 

manuというのは「手」という意味があります。

  • manicure   マニキュア
  • manual    マニュアル
  • manufacture   マニュファクチャー

 

reは「もう一度」という意味があります。

  • repeat   リピートの「re」と覚えるといいですね
  • recycle  もう一回使うこと
  • return     戻ってくる、もう一度その場所に来ること
  • remake  リメークする 

 

cyclは「まるい」で、なんとなく「circle(サークル、丸)」に見えますよね。

  • recycle リサイクル
  • bicycle  自転車(丸いタイヤがついてます)
  • cyclon   有名なダイソンの掃除機にはサイクロンという技術が使われてます

 

triは「3つ」で「triangle(三角)」には漢字の通り角が3つあります。

 

参考に

こちらのサイトにとても詳しく意味などがのっています↓

gogengo.me

 

お得!

このように英単語をよく見ると、自分のすでに知っている単語が隠れている場合があります。そういうう場合はわざわざ最初から、その英単語を覚える必要がないので、時間と手間が減ります。

 

そして、すでに知っている単語から由来してきているので記憶にも残りやすいです。

 

まとめ

英語嫌いを少しでも克服するコツは、漢字という身近なものと英単語に同じようなところがあるんだと、安心するすることです。そうすれば、難しそうだなと思っていたハードルがちょっと下がるのではないでしょうか。

 

それに、このことを知っておくことで単語が覚えやすくなるというメリットもあります。

 

これを機に、英語の苦手意識を乗り越えていけてもらえたらいいなと思います!

 

 

英語好きになれそう!という方はこちら。
Noviで英会話個人レッスン受けつけてます。
まずは1時間無料体験を試してみませんか? 

お問い合わせはこちらをクリック