Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

駐在妻でも英語ができるようになる方法をお届けします!

英語の発音が苦手でもこれを試せば、今より1.5倍ネイティブっぽく聞こえるコツ

f:id:michiganenglish:20171028121758j:plain

Photo by Ben White on Unsplash

 

 

英語の発音を細かく言えばきりがありません。ひとつひとつの母音、子音を見ていくとものすごい量です。それに組み合わせによって、まったく違う音に変化するものまであります。

 

ここではその中でも、とっても簡単に日本人っぽい英語から、抜け出せる方法を紹介していきます。

 

日本語と英語は話し方が違いすぎる!

もうあなたは、こんなことには気が付いていると思います。何が、具体的にどう違うのかがわかれば、その違いを少しでも埋めるようになれます。そして、日本語っぽい英語から抜け出せるでしょう。

 

日本語は短く、多く息継ぎをする

普段は無意識でやっていますが、実は日本語を話すときは、文章の合間に短い息継ぎをたくさんしています。それを詳しく説明するために、次の3つの同じ文章の読み方をくらべてみます。


1.普段通り、声に出して読んでみてください。

「今日わたしは、朝7時に起きて、朝ごはんを食べました。」


2.文章の合間に小さな「」を入れて、読んでみてください。

今日わたしは7時に起きて、朝ごはんを食べました。」

 

3.文章を息継ぎをせずに、一息で読んでみてください。

「今日わたしは朝7時に起きて朝ごはんを食べました。」

 

不思議なことに、1と2はまったく同じように感じられます。そして3は、最後のほうは息がつづかず、苦しくなるでしょう。

 

このことから、日本語を話すときは、フレーズの途中にいくつもの小さな「っ」をいれています。そして、そこで息を短く浅く吸いながら、話すのが特徴です。

 

英語は深く、大きく息継ぎをする

英語を話す場合は、日本語とは違い、文章の途中に短い息継ぎをいれません。その代わりに、あるものを入れています。

 

まずは、この文章を外国人が言ってるように真似をして、読んでみてください。

「私の名前はジェイソンです。」

 

すると、

「わたーしのーなまーえはージェイソンでーす。」

こんな感じになると思います。

 

ここには2つの特徴があります。

 

1つは、さっきの日本語とはちがい途中に「ー」が入り、伸ばしています。他にも「こんにちわ」は「コンニーチワー」になり、「寿司」は「スーシー」になります。

 

もう1つは、すべての文字をくっつけて読んでるところです。日本語には、たくさんあった、息継ぎをするするための「っ」は聞こえてきません。このことから、英語は最初から最後まで一呼吸で話されていることがわかります。

 

英語を伸ばしてくっつける

違いについてはわかっていただけたでしょうか。では、この英語の話し方の特徴を使って、どのように英語を、話していけばいいのかを見ていきましょう!

 

伸ばすポイント

基本的に伸ばすところは最初の音です。

 

なので、「I」は「アイ」で最初の音は「ア」なので「ア」を伸ばして「アーイ」となります。「have」の最初の音は「ハ」なので「ハーブ」です。

 

「I have a pen.」という、よく教科書にあるフレーズで見ていきます。

 

普通の日本人が読んだ場合

「アイっ ハブっ アっ ペンっ」

となります。

 

英語らしく読んでみると

「アーイハーブアーペーン」

となります。

 

くっつけるポイント

くっついた2つの文字の最初の文字は、短く小さく発音します。

 

「I have a pen.」の場合、

「アーハーアーペーン」

「イ」と「ブ」のことを指します。

 

「Can I get a menu?」の場合は

「キャーアーゲーメニュー」

となります。

 

ある程度アメリカに慣れている人なら、「Can I」は「キャナイ」と発音していると思います。そんな風に聞こえるのは、「ア」の組み合わせがあるからです。英語の「n

」は、日本語の「ヌ」に近い発音なので「ア」となります。これを早く発音してみると、「ア」=「ナ」に聞こえてきます。

 

練習方法

最初は難しいと思います。でも、初めから完璧にできる人なんていません。もう癖がついていことを変えていくことは、とても労力のかかることです。練習のポイントは3つあります。

 

  1. 単語1つから始めて、だんだん文章にする
  2. まずはゆっくりから練習してみて、だんだん速める
  3. 100回以上繰り返す(Practice makes perfect! 練習が完璧にしてくれる!)

 

おススメサイト

Easy Conversations For ESL Students

このサイトには簡単な会話がたくさん載っています。ただの文章を読むよりも、会話の文章のほうが、英会話上達には役立ちます。

 

f:id:michiganenglish:20171028131527p:plain

 

※注意:これはあくまでも、自分でやる練習です。必ず、アメリカ人と本物の会話をすることを忘れずに行いましょう。練習ではできても、緊張した状態ではできなかったら、なんの意味もありません。つまり、インプットだけではなく、アウトプットをすることが必須です。

 

まとめ

脱!カタカナ英語のための発音のポイントはこの4つです。

  1. 日本語の「っ」に気を付ける
  2. 1つの文章を息継ぎなしで一息で話す
  3. 「ー」を入れて伸ばす
  4. 伸ばさない音はくっつける

 

これらを意識して英語っぽく聞こえる発音を目指しましょう!