Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

駐在妻でも英語ができるようになる方法をお届けします!

会話の必要ほぼなし!NoviのKrogerで宝くじを買う方法(写真あり)   

f:id:michiganenglish:20171017114457j:plain

 

2016年1月に、"Powerball"が最高額のキャリーオーバー、15億8600万ドル(約1700億円)に達しました。いつ当たるのか、あとどのくらいまで金額が上がるのかと、あちこちで話題になりました。

 

日本の宝くじとは比べ物にならないくらいの高額です!せっかくアメリカにいるのだから1度くらいは買ってみたくないですか?

 

買ってみたいけど、どうしたらいいのかわからないと、ためらっていませんか?

 

実は私がそんな風に思っていて、なかなか宝くじを買えずにいました。ギャンブラーではないですが、なんとなく興味本位でやってみたいな~という感じでした。

 

ここでは、やっと先週、人生初の宝くじに挑戦してみたので、買い方を紹介していきます。宝くじを買って、ちょっとドキドキ・ワクワクしてみたいというあなた、必見です!

 

※決して宝くじをおススメしているわけではありません。

 

アメリカの宝くじ基本情報

どこで買うの?

ガソリンスタンドのコンビニ、スーパーなどで売っています。今回はよく利用する近所のKrogerで買いました。オンラインでも購入できます。

 

どれを買ったらいいの?

10種類以上の宝くじがミシガンにはあります。アメリカ全土で有名な宝くじはPwoerballとMega Millionsの2つです。Freewayを運転してるとたまに、数字の入ったおおきな看板を見かけます。

 

この2つの大きな違いはこの3つだけです。

Powerball

  • 一口2ドル
  • 開始金額:4000万ドル
  • 抽選日:水曜と土曜

 

Mega Millions

  • 一口1ドル
  • 開始金額:1200万ドル
  • 抽選日:火曜と金曜

 

今回私が選んだのはMega Millionsです。理由は、一口1ドルだったから(笑)

 

アメリカ人じゃなくても買えるの?

買えます。アメリカに住んでない人が旅行に来た時に買うことができます。でもアメリカ国外からのオンラインによる購入はできません。

 

こうやって初めての宝くじを買いました

手順①

Krogerのサービスカウンターに行きます。正面向かって2つある入口の左の方にあります。

 

手順②

そこには宝くじの申し込みカードがたくさん置いてあります。

f:id:michiganenglish:20171019121307j:plain

 

手順⓷

その中から自分の買いたい宝くじの申し込みカードを取ります。

f:id:michiganenglish:20171019121356j:plain

 

手順④

そばにたくさんのボールペンが入ったペン立てがあるので、そこから1本借ります。

マークシートなので鉛筆じゃなくていいのかな?と思ったのですが、ボールペンで大丈夫でした。

f:id:michiganenglish:20171019121449j:plain

 

手順⑤

ペンで好きな番号を塗ります。きれいに塗りつぶしたりしなくて全然問題ありませんでした。

f:id:michiganenglish:20171019121553j:plain

 

数字の選び方<Mega Millionsの場合>

  • 1-75の数字の中から5つ選ぶ(赤)
  • 1-15の数字の中から1つ選ぶ(黄)

合計6つの数字をカードに記入します。

 

例)

2      12   45    51   69    7

10 19 23 36 74 14

 

手順⑥ ※重要ポイント

そのカードをサービスカウンターにいる店員さんに渡して(Here you go.と言うのを忘れずに)、お支払いをします。ここで一つ気をつけないといけないことがあります。

 

支払いが現金のみです!

 

アメリカはカードばっかりの支払いなのに、たまにこういう例外があると困ります。私はそれを知らなかったので、キャッシュを持っていませんでした。

 

最後に

ほぼ英語は必要ありませんでした。渡したときの「Here you go.」くらいでしたね。あと、現金がなかったのでちょっと一言二言交わしましたが。

 

コーヒー頼むよりも簡単です。

 

目からウロコのアメリカ宝くじ事情

必ず顔出ししないといけない!?

アメリカでは宝くじが当選したら必ず顔出しをします。これには2つ理由があります。

 

1つは、宝くじが本当に当たるんだということを証明するためです。ちゃんとお金を受け取ってる人がいるということを、知らせるためです。

 

2つ目は、当選した本人に賞金を渡すためです。自分が当たったとうそをついたりすることを防止する効果があるようです。

 

宝くじを当てた人のその後の人生

やっぱり気になるのは、宝くじを当てた人がその後どうなったのか、ですよね。アメリカにはそんな人たちを追ったテレビ番組があるんです!

 

「Lottery Changed My Life」

www.youtube.com

 

寄付する人も多い

全額寄付しちゃう!なんて人もいたりしてニュースになります。

 

宝くじが当選した人がその後不幸になったという話も有名なので、そんな大金いらない!と思う人もいるのではないかと思います。

 

まとめ

スタバでコーヒーを買うよりも簡単な宝くじの購入方法です。

  1. Krogerのサービスカウンターに行く
  2. 好きな宝くじの申し込みカードを選ぶ
  3. 番号を記入する
  4. お金を払う「キャッシュで!」

 

アメリカにいる間に思い出に宝くじを買ってみるのも楽しいでしょう。もしかしたら当たるかもしれません。あなたは何に使いたいですか?