目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

誰でもできる!seeとsheの発音の区別

f:id:michiganenglish:20170621045644j:plain

英語のシーは2種類ある!?

 

日本語では「し」の発音は1種類しかありません。

 

なので英語で「しー」が2種類あると

言われるとパニックですよね。

 

そういう発音が結構たくさん英語にはあります。

 

see

歯をみせて、笑顔で発音します。
➡「あいうえお」の「い」の口です。

 

こっちは比較的かんたんなほうだと思います。

 

she

2つの口の動きが必要になります。
1.くちびるを突き出します。(ブチューとキスをするような)
2.そして、横に口を開きます。
➡くちの形を「う」から「い」にします。

 

最初はぎこちないかもしれませんが

練習していけばそうでもなくなります。

 

sとshの区別の違いに気を付けるよく使う単語3つ

 

  1. sit/shit(座る/クソッ➡普段は使ってはいけない言葉!)
  2. seat/sheet(座席/紙切れ)
  3. sip/ship(液体の一口/船)

 

shの応用   

 

最初に「う」の口をすることがポイント!

 

例えばshell(貝がら/ガソリンスタンドの名前)は

sheは「しぇ」の発音になるので

最初に「う」の口をしてから「え」と言います。

 

shot(注射/お酒のショット)は、shoが「しょ」の発音なので

最初に「う」をして「お」です。

 

では、cash(現金)はどうでしょう?

 

日本語のままの「キャッシュ」とは違い

「う」の口で、くちびるをしっかり突き出すことが大事になります。

 

最後に

 

日本語では同じに分類される発音でも英語では

大きな違いとなって表れてきます。

 

意識してやっているうちに

勝手に口が動いてくれるようになるので

最初のうちはやりずらいかもしれませんが続けていきましょう!