目からウロコの英会話

アメリカで生活する人のための、英会話が絶対にできるようになる方法を紹介するブログ

たったこれだけ!駐在妻でも英会話ができるようになる3つの方法。

 

f:id:michiganenglish:20170401043244j:plain

勉強しなくても英会話が上達する方法

ここで紹介するのは、単語を1000個覚える、高校までの文法を完璧に頭に入れる、TOEIC700点を目標にする、という勉強する方法ではありません。

逆にこの3つをしたところで、話せるようになる人は少ないと思います。

ちょっと違う視点からの英会話の上達方法を提案したいと思います。

  1. 場数を踏む
  2. 英語がうまい人ではなく、英会話の達人を目指す
  3. 選択肢を減らす

この3つをおさえれば劇的に英会話ができるようになります。

1.場数を踏む

日本人は心配性
  • ちゃんとした文法ができているかどうか心配
  • 失礼がないように話せているか心配
  • 今の言い方これで良かったのかな?と心配
  • 丁寧に話せているか心配
  • 発音が上手じゃないから心配

とにかく心配が多いから話すことに躊躇してしまいます。

その心配をどこかへ追いやるにはリアルな会話をたくさん経験することが1番効果があります。

経験をつむ

ESLの先生との会話はここでいう経験には含まれません。ESLの先生との会話はあくまでも会話の練習にすぎないのです。

駐在妻だし、アメリカ人の友達もいないのにどうやって会話するの?と思われるかもしれませんが、スーパーの店員、レストランのホステス、ウェイトレス、近所の人など日常でよく会う人たちで充分です。

心配をなくすために

自分と同じように英語を第二外国語としている人たちを観察することで心配が少し減るような気がします。

世界的に見ると日本人は心配性の遺伝子を持っている人がダントツで多く、続いてアジア、最後の欧米ではほとんどいないそうです。

なので、その心配性ではない外国人を見て、自分に自信をつけるというのもひとつの手だと思います。

心配性ではない外国の人たちは、日本人が気にしているような事はいっさい気にしていないことがわかるでしょう。

 2.英語が話せる人ではなく、英会話の達人を目指す

日本では英語が話せる人がすごいと思われている

もう少し細かく説明すると

  • 英語が完璧に話せるけど、ネイティブと会話の経験がない人
  • 発音下手くそ、文法グチャグチャだけど、ネイティブとおしゃべりができる人

この2つの場合、上の方の人に対しての評価の方が高い傾向にあると思います。

おそらく、上の人はネイティブとの会話の機会があってもうまくできず、コミュニケーションを取るのが難しいでしょう。

英語を勉強するのは、英語を完璧に話すことが目的ではなく、あくまでもコミュニケーションの一部として必要だからです。

グループの英会話のクラスなどに参加して一人のうまい人だけがしゃべってて、自分が全然話せなかったりすると、私の英語は下手くそなんだなと落ち込んでしまいます。

でも、よく考えてみるとそれは英会話ではありません。

そのうまい人はただ自分の頭の中にあった英語の文章を練習しただけで、何の会話のキャッチボールも行えていません。

なので、その人のことを英語ができるすごい人だとは思うことは間違っています。

駐在妻がアメリカで生活するのに必要なのは完璧な英語力ですか、それとも、英会話力ですか?

自分がどうなりたいのかよく考えてみましょう。

3.選択肢を減らす

選択肢が多すぎると迷う

人間は選択肢が多すぎると迷ってしまう生き物のようです。

それが英会話にどんな風に関わってくるのかというと、どの単語、どのフレーズを使うのか決定している間にどんどん会話が進んでいってしまいます。

つまり、会話がスムーズには運ばなくなり、普通の会話が成り立ちません。

こういう場合は、もう自分の中で1つに絞ってしまうことがいいでしょう。

そうすると、少しニュアンスが違うから使い分けが必要な単語もあるのではないかと心配かもしれませんが、それは自分が会話の中で身につけていくことが1番の近道です。

文法

未来形の言い方、過去形の言い方いろいろ勉強してきたと思います。

「私は明日学校に行きます」と言いたい場合では二通りあります。

  • I am going to school tomorrow.
  • I will go to school tomorrow.

2つしかないですが、自分が好きなほう、もしくは言いやすいほうを自分の中で決めてしまいましょう。

動詞

レストランでよく使うフレーズで、「私はこれにします」と言う時

  • I will take this.
  • I will get this.
  • I will have this.

3つの言い方が思いつきました。これも毎回自分の使うのを決めてしまいましょう。

単語

英語を勉強すればするほど、知っている単語の数もどんどん増えていきます。そして、同じ意味の単語もたくさん出てくるようになります。

日本語の「大きい」を表す英語

  • big
  • large
  • great 
  • giant
  • massive
  • enormous

思いつく限りでも6つでてきました。きっと辞書で調べればもっとたくさん出てくるでしょう。

語彙が増えることはとてもいいことで、特に本を読むときにはいろんな表現が出てくるので重宝します。

でも、会話になると話は違ってきます。「大きい」ということを伝えたいのに頭の中には同じ意味の単語が6つもあると、脳は迷います。

なのでこれも自分で1つに決めましょう。

 まとめ

英語の勉強を頑張っているのになかなか上達しないと悩んでいるのであれば、いったん勉強をやめ、この3つのことを試してみることをおススメします。

そしてすこし考え方を変えてみるのもいいと思います。