読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駐在妻のための英語レッスン

駐在妻がアメリカで生活するのに必要な英語の勉強法をミシガンよりお伝えするブログです。

アメリカの基礎化粧品

f:id:michiganenglish:20170317050351j:plain

女性みんなの悩み

基礎化粧品の悩み、アメリカに来て困るものの一つではないでしょうか。

アメリカのスーパー、ドラッグストア、デパート、化粧品屋さん、いろんなところにいっぱいあって、どれが何かよくわからないですよね。

諦める

まず、今まで使っていた物と同じ物を探すのはやめましょう。これはアメリカだけに言えることではなくて、日本でも違うブランドで同じ中身なんてないですよね。

それに10代から同じ化粧品をずっと使ってきたなんて人はほとんどいないです。むしろ、年齢が変わるごとに化粧品も変えるひとが多いと思います。

なので今また化粧品を新しく見直す機会だと思って、今の自分にあったものを探しに行きましょう!

諦めない

私にはアメリカのクリームは合わないのよ~って言う人・・・。アメリカの全製品を試したんですか?と聞きたくなります(笑)

日本人の友達がすすめてくれたもの、誰かのブログに載ってたもの、それが自分に合うとは限りません。

アメリカ人にもいろんな肌質の人がいますし、いろんな人種がいます。

最初に買ったものが自分の肌質に合わなかったとしても諦めるのではなくて、他にもどんどん試していきましょう。1回じゃ何もわかりません。

そして、どの原材料が自分に合わなかったのかを考えてみることも大事だと思います。

次回買う時はなるべく違う原材料でできている物を探すと、もしかしたらとてもいいものにめぐり合えるかもしれません。

アメリカの基礎化粧品の分類

大体4種類に分けられると思います。

  1. Drugstore Brand
  2. 皮膚科医公認
  3. Natural 
  4. High End Brand

Drugstore Brand

これはターゲット、普通のスーパー、薬局などで買えるお手ごろな物です。10ドル前後で買えるものが多いです。

  • Neutrogena
  • Loreal
  • Aveeno
  • Garnier

皮膚科医公認

この製品は基礎化粧品だけではなく、赤ちゃんから大人まで使えて、アトピーの方にも皮膚科の先生からもおススメされるものです。

香りがなく、肌に刺激の少ない材料で作られていることが特徴です。

唯一の弱点は見た目で、女性が使うにはオシャレではなくてかわいくありません。

スーパー、ターゲット、薬局など、どこでも手に入ります。

  • Cetaphil
  • Eucerin
  • CeraVe

Natural

オーガニックの材料を使っている、エコな容器を使っている、動物実験をしない、着色料を使っていない、自然の材料を使っている、などの活動をしているブランドがアメリカにはたくさんあります。

値段は手ごろなものから高い物までさまざまです。

自然食品を扱うスーパーやファーマーズマーケットなどに置いてあります。かなりマイナーなブランドが多く、あえて大量生産をしてない場合があるので、ここでは紹介するのはやめておきます。

High End Brand

いわゆるブランド物の高い化粧品です。デパート、SEPHORA、Ultaに置いてあります。日本でもおなじみの物が多いのではないでしょうか。

ベーシックなアメリカの基礎化粧品

  1. Cleanser
  2. Exfoliation/Scrub
  3. Toner
  4. Serum
  5. Moisturizer

日本で言う「乳液」というのがないのかなと思います。

これを全部するというわけではなくて、ここでは順番だけを紹介しています。

朝はこの後に日焼け止めを塗るし、夜はメイク落としをする場合もあるし、ライフスタイルや年齢、好みなどにもよって順番が変わったり、もっと他のことを取り入れるのもアリだと思います。

肌のタイプ

  • Normal Skin(普通)
  • Oily Skin(オイリー肌)
  • Dry Skin(乾燥肌)
  • Combination Skin(オイリーな部分と乾燥してる部分と両方がある)

これらはパッケージに書いてあるので自分の肌の質をわかった方が選びやすいと思います。

それぞれの肌質に関して、よくみる単語を見ていきましょう↓

Normal Skin

そのままNormalと書いてあります。もしくは何も書いていないかもしれません。

Oily Skin

  • Oil Free
  • Oil Control

Oilという単語が書かれていることが多いです。

Dry Skin

  • Hydration
  • Extra Moisture
  • Moisturizing Cream

Combination Skin

そのままCombinationという言葉が書いてあります。

肌質

パッケージによく書いてある単語を見ていきましょう!

Sensitive

  • No Fragrance/Fragrance Free
  • Gentle
  • Calming
  • Soothing
  • Hypo Allergenic

Acne

  • Non Comedogenic
  • Pimple

Anti-aging

  • Wrinkle Free/Wrinkle Reducing/Wrinkle Repair
  • Age Defying
  • Renewing
  • Revitalizing

Wrinke(しわ)と書いてあるものが多いです。あと元に戻すという意味を持つRe-で始まる単語もよく見ます。

クリームとローション

ハンドクリーム、ボディクリームはアメリカではハンドローション、ボディローションと言う場合が多いです。この違いはとても簡単です!

ローションはさらさらして伸びがいいもののことで、クリームはもっと濃くて白くてべトっとしているものを指します。

最後に

女性にとっては毎日の生活に欠かせない基礎化粧品。日本の物をいちいち買うことは少し面倒だなと感じているなら、アメリカの製品も試してみましょう!

もしかしたら自分にピッタリのものが見つかるかもしれません。

ここに書いてある単語は勉強するための単語ではないので、暗記するのではなく、自分にあった基礎化粧品を見つけるための道具として使ってもらえたらうれしいです。