駐在妻のための英語レッスン

駐在妻がアメリカで生活するのに必要な英語の勉強法をミシガンよりお伝えするブログです。

アメリカの病院

f:id:michiganenglish:20170315032037j:plain

かかりつけ医

アメリカでは最初にかかりつけ医を決めて、大体のことは自分のかかりつけ医に相談して、解決してもらいます。

子供であれば、小児科を決めて何でもそこで見てもらうようにします。

もしここでできないことであれば、かかりつけ医が他の専門科を紹介してくれます。

どんな人たちがいるの?

  • front/front desk/receptionist/受付にいる人たち。電話対応、アポイント、会計をやるところ。
  • medical assistant/待合室で名前を呼んでくれて、部屋まで案内してくれて、血圧、体温、身長、体重を測ってくれる人。そして症状を聞きそれをドクターに伝えくれます。
  • nurse/血液を採ってくれたり、予防接種をやってくれる人。
  • doctor/自分の担当医のこと。「Dr.苗字」で呼んでもいいし「Doctor」だけでも大丈夫。

病院(Doctor's officeと言います)に行ったらこの順番に会っていきます。medical assistantとnurseは一緒になっている所もあります。

手順

  1. 受付に行く。名前を聞かれるか、自分でリストに名前を書きます。(住所、保険が変わっていないか確認されることもある。)
  2. お会計。
  3. 書類に記入。
  4. 待つ。
  5. 名前が呼ばれ、個室に通される。「1番の部屋です~」とかって言われる。
  6. 体重、身長、体温、血圧を測る。
  7. 今日はどんな症状できましたか?などに答える。
  8. 待つ。
  9. コンコンッとノックされて、Doctor登場!
  10. 問診、触診などいろいろ。
  11. 紙(どんなことをしたか、どんな症状だったかなどが書かれてある)を渡される。処方箋もDoctorから受け取る。専門科も紹介してくれる。
  12. 血液を採る、注射をするなど。
  13. 渡された紙を持って受付へ。するとそこで次のアポイントメントをいつにするかなどが決めらる。もしくは、次にアポイントメントを取る必要がなければ領収書をくれる。
  14. お会計。(最後の場合もある。)

それぞれの病院のやり方も違うし、規模の大きさでその場にいる人たちや手順は変わってくると思いますが、私が今まで行った事がところはこんな感じでした。

注意すること

  • 処方箋/prescription/最近はコンピューターでDoctorがそのまま薬局に送ってくれる場合が多いので自分の家の近くのPharmacyを先に決めておきましょう!細かい住所は要りませんが市の名前、道の名前を伝えるのがいいと思います。このサイトで自分の住んでいるZip Code(郵便番号)を入れると検索できます。

    Find Your Local Pharmacy

  • お会計/copayment/copay/payment/自分の保険によって違います。
  • コンコンとノックされたら黙っていてはダメです!ドクターも入っていいか戸惑います。なので「yes」か「Come in」と答えましょう。
  • 自分の体重と身長はアメリカの単位で覚えておきましょう。小さい診療所だとただ本人に確認するだけ、という場合もあります。

    アメリカ式 - 身長(フィート&インチ)・体重(ポンド)の単位換算 - アメリカ生活情報

  • 検査の結果:その場で検査結果がでないものは後で通知が来ます。もし異常が見つかれば電話をしてくれますが、何もなかった場合は電話での連絡がないです。後々手紙で検査結果を送ってくれます。もしくはメールで届いたり、ネットで結果がわかります。もし連絡が何もない場合は自分から連絡するのがいいです。
  • 薬局:その場で欲しい薬がないこともあり、来たら電話してくれます。大体2,3日以内には来ることが多いです。

ドクターに行く目安って?

アメリカでは風邪を引いたぐらいでは病院行かないんでしょ!?じゃあいつドクター行くの?と思いますよね。

私はここ最近は健康診断にしか行った記憶しかありません。

大体こんなときはドクターに行くといいよ、こういうときはEmergencyに駆け込んでね、ということが書かれたサイトを紹介します。

When to See a Doctor - Fundamentals - Merck Manuals Consumer Version

f:id:michiganenglish:20170315033823p:plain

おおまかにしか書かれていないのでこれが全てというわけではないですが、一つの目安になればいいなと思います。