目からウロコの英会話

アメリカで生活する人のための、英会話が絶対にできるようになる方法を紹介するブログ

駐在妻の英語勉強のはじめ方

f:id:michiganenglish:20170303050757j:plain

文法はいらない

ほとんどの人は中学から英語を習い始めて文法を中心に習ってきたと思います。けどこれからアメリカで暮らしていくためには文法の勉強はもう全く必要じゃありません。

なぜか

文法を習ってきてどのくらいの人が外国の人と話せるまでのレベルに達したのでしょう?私の周りには学校の教科書をやっててペラペラという人はいません。

そしてもう一つ大きな理由があります。それは文法のことばかりを気にしすぎて会話をするのが怖くなるからです。

例えば、「私の娘は明日から学校に行きます」といいたいときに、My daughter go…..えっと主語がIとYou以外の単数形だからgoはgoesにして、学校はschoolで、にって言うのはtoで、明日からは・・・・?未来系?現在形???わからなーーーい!

ここまでいろいろ迷う人はいないと思いますが、正しい言い方をしないといけないと、思ってる人が沢山いると思います。

単語をまず沢山覚える

単語を沢山知っていれば、知ってるほど、英語がわかります。基本、会話は単語をくっつけて文章にしてるだけですから。文法を知ってることよりも、単語をより沢山知ってるほうが英語がわかるようになります。

例えば

I play baseball after school.

という文章があって単語だけで意味がわかります。ここで主語+一般動詞というのは会話をするにあたって全く必要ありません。

I play baseball yesterday.

と、言ってしまったとしても通じます。yesterdayがあるんだから動詞を過去形のplayedにしないとだめじゃない!思うかもしれませんが問題なくこれで通じます。

どんな単語を覚えるか

まずは名詞を沢山覚えていきましょう。ただschoolは学校と覚えるのではなくてschoolを頭の中でイメージして覚えていきましょう!

おススメは数字、野菜の名前、物などのいわゆる名詞です。自分の身近にある簡単なものから覚え始めていくとコツがつかみやすいと思います。