Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

駐在妻でも英語ができるようになる方法をお届けします!

初心者必見!駐在妻の英語勉強のはじめ方

f:id:michiganenglish:20170303050757j:plain

 

今まで英語の勉強を、ちゃんとしたことがないから、何から手をつけたらいいかわからない、と思っている人が多いようです。それに、学生のときに習ってきた英語ではなく、日常で使える英語の習得が必要なので、さらに、どんなことを学習すればいいのか、迷います。

 

ビジネス英語、留学英語、というのはありますが、「駐在妻用英語」なんてありません。

 

英語勉強をはじめるときに、迷った際は、まず何よりも、ボキャブラリーを増やすのが一番です!単語が増えることによって、理解がしやすくなり、アメリカ生活もスムーズにいくでしょう。

 

文法はいらない

ほとんどの人は、中学から英語を習い始めて、文法を中心に学習してきたと思います。けど、これからアメリカで暮らしていくためには、文法の勉強はもう全く必要じゃありません。

 

なぜか

文法を習ってきて、どのくらいの人が、外国の人と話せるまでのレベルに達したのでしょう?

 

私の周りには、学校の教育だけで、ペラペラという人はいません。

 

そしてもう一つ大きな理由があります。それは、文法のことばかりを気にしすぎて、会話をするのが怖くなるからです。

 

例えば

「私の娘は明日から学校に行きます」

と言いたいときに、頭の中で

「My daughter go…..えっと主語がIとYou以外の単数形だからgoはgoesにして、学校はschoolで、にって言うのはtoで、明日からは・・・・?未来系?現在形???わからなーーーい!」

 

ここまでいろいろ迷う人はいないと思いますが、正しい言い方をしないといけない、と思ってる人が沢山いるのは事実です。

 

単語をまず沢山覚える

単語を沢山知っていれば、知ってるほど、英語がわかります。

 

基本的に、会話は単語をくっつけて、文章にしてるだけなので、文法を知ってることよりも、単語をより沢山知ってるほうが、英語がわかるようになります。

 

例えば

"I after school baseball play"

この間違った文章は、単語だけ聞いたら、意味がわかります。ここで主語+一般動詞というのは、会話をするにあたって全く必要ありません。

 

I play baseball yesterday.

と、言ってしまったとしても通じます。

 

「yesterdayがあるんだから動詞を過去形のplayedにしないとだめじゃない!」

と思うかもしれませんが、問題なくこれで通じます。

 

どんな単語を覚えるか

まずは名詞を沢山覚えていきましょう。

 

ポイントは、「school=学校」と、覚えるのではなく、schoolを頭の中でイメージして覚えていきましょう!

 

おススメは数字、野菜の名前、物などのいわゆる名詞です。自分の身近にある、簡単なものから覚え始めていくと、コツがつかみやすいです。

 

まとめ

文法、リスニング、リーディングではく、単語を増やすことが、初心者には、欠かせません。いくら、良い耳を持っていて、聞き取れたとしても、単語の意味を理解していなければ、コミュニケーションが取れません。