目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

アメリカ人はマナーが悪い!?駐在生活を10倍楽しくする心構えとは?

 f:id:michiganenglish:20181114202421j:plain

Photo by Aaron Burden on Unsplash

 

 

アメリカ駐在をはじめて、カルチャーショックを受けたことはありませんか? 

 

アメリカと日本では考え方が全然違います。日本は島国なので、独自のカルチャーがあります。そしてアメリカは、日本とは真逆で移民が多いので、いろんな国の人が混ざり合ってできた特有の概念があります。

 

そこで今日は、物に対する、アメリカと日本の価値観の違いについて、お話したいと思います。

 

あまりの違いにショックを受ける人が多いので、ここで理解しておいて、楽しいアメリカ生活を過ごましょう!

 

 

自分の物を取られてショックを受ける日本人

 

砂場道具

 

この前、全く別の2人から偶然同じ話を聞きました。

 

それは、砂場で子供たちが遊んでいた時に、自分の砂場道具を周りの子供たちが勝手に使っていったという話でした。

 

「貸して~」とも言われなかったし、「ありがとう」もなく、ちゃんと手元まで戻さずに、遊んだら遊びっぱなしの状態でみんなが帰っていったそうです。砂場道具はあちこちに取り残されたままでした。

 

この話を聞いた2人ともショックを受けたと言っていました。

 

 

私のメキシコでびっくりしたこと

 

メキシコにいた時はまだ携帯がそこまで普及してた時代ではありませんでした。なので、いつもテレフォンカードを使っていました。

 

すると、いつもみんなが「カード貸して!」と言ってくるんです。最初は「いいよ」と言っていましたが、あまりにも毎回なので結構困りました。しかも、めっちゃ使われてたりするんです( ゚Д゚)

 

私はこの時はこの行為が理解できず、周りの友達が悪魔の様に見えました(笑)

 

 

個人の物を大切にする日本

 

日本では自分の物に名前を書いたりして、自分と他人の物との区別をつけようとします。そして、他人の物には触らないという感じがある気がします。

 

 自分の物にはすべて名前を書く行為などはそれがよく表れていると思います。

 

 

"Sharing is caring."のアメリ

 

「Sharing is caring.」というのを聞いたことはありますか?

「他人に物を分けたり他人と一緒に使うことは、相手にやさしく接することや思いやることを同じだ」という意味になります。

 

日本とは全く逆の考え方になります。

 

これがよくわかるのが「トイレを貸して」という表現です。アメリカでは普通に「トイレを使ってもいい?」となります。

 

 

解決策3つ紹介!

 

1.優劣をつけない

 

日本の文化にあまりにも慣れていると、アメリカ人の行為に対して怒ることもあると思います。

 

かといって、どちらかの文化がすぐれているわけではありません。それぞれが良いところもあり、悪いところがあります。

 

2.アメリカ人を悪い人達だと決めつけない

 

アメリカ人はマナーが悪いわけではありません。そういう文化なのです。 

 

 「日本人はケチだ」なんて言われたら悲しいですよね。ケチだからそうやってるわけではなくて、それが常識だからやってるだけですよね。

 

 

3.みんなでシェアすることを前提に考える

 

例えばさっきの砂場道具は、公園にいる子供たちみんなが使える分だけ用意しておきます。ちょっと大げさですが、そのぐらいの気持ちを持つのがアメリカっぽいです。

 

そして、壊されたり、なくされたりしてもかまわない物をそろえてえておくといいでしょう。つまり高級なものや、日本でしか買えないもの、などではないほうがいいと思います。

 

 

おわりに

 

シェアする文化をわかっていただけたでしょうか?

 

でも不思議なことに、日本ではよくレストランなどでは料理をシェアすることが多いですが、アメリカではあまり料理はシェアされません( ゚Д゚)いろんなものを食べたほうが楽しいのに~。

 

面白いですよね!

 

この違いを把握しておくだけで、アメリカ生活がスムーズになること間違いないです!ミシガン生活を満喫しましょう~。

 

 

 

 

 

 

 

英語が話せない原因?アメリカにいるのに日本人でかたまるのはよくないって本当?

 

f:id:michiganenglish:20181112202438j:plain

Photo by Duy Pham on Unsplash

 

 

日本人同士でかたまってばかりいるから英語が上達しないんだよな・・・と悩んではいませんか?

 

毎日、日本人の友達と一緒にいて、日本人と同じお稽古ごとに通い、お家でも日本語を話して・・・。せっかくアメリカにいるのに、駐在中に日本人と一緒に過ごしてばかりな日々を送っている人は多いと思います。

 

 

でも実は、日本人同士で集まるのと、英語が上達しないのは関係がありません!どんどん同じ日本からきた仲間と仲良くなっちゃいましょう~。

 

 

留学当初

 

私はアメリカにきたばかりのころは、日本人以外の人と付き合うようにしていました。(イタイ私・・・)

 

英語が話せるようになるためには、日本人とは仲良くしていてはいけないと思っていました。でもアメリカに10年以上住んでみて、いろんな人種の人たちを見てきて、気づいたことがありました。

 

同じ人種が寄り集まるのが当たり前なんです。

 

結局留学してた時の友達はほとんど日本人でした。でも英語はちゃんと話せるようになったし、学校の授業も問題ありませんでした。

 

 

他の外国人も

 

私が前に住んでいたカリフォルニアは、ミシガンよりも留学生や外国からの移民が多い州です。同じ国からきた人たちや、出身の地域の近い人たちはつながりやすい傾向にありました。

 

例えば、日本人、韓国人、中国人、台湾人などのアジア人はよく一緒にいます。

他にも、ヨーロッパやアフリカや中米・南米などは親しくなりやすい傾向にあります。

 

日本人だけが、自分たちだけで集結しているわけではないんです!

 

そして、同じ言語を話す人たちと集まっていても、英語を話せる人は話せるし、話せない人は話せません。

 

 

アメリカ育ちの人たちも

 

実は驚くべきことに、英語に不自由のないアメリカ育ちの人たちにもその傾向があるんです!

 

カリフォルニアに住んでいて時に仲良くしていた「Giroちゃん」(ジローと読みます。日本人のお母さんが出産したあとに間違えてjではなくgにしてしまったそうです。笑)は、親は日本人だけどアメリカ育ちです。

 

ジローちゃんは家が大きいので、よくパーティーを開いてました。

 

その時に来るのはほぼアジア人!

しかも移民もアメリカ生まれもごちゃまぜだけど、ほぼアジア人なんです。

そしてやっぱり日本人が多い!

 

 

アジア人以外も

 

他にも周りをよく見てみると、黒人と白人も結構分かれているんです。

ほとんどのカップルは白人同士、黒人同士です。

 

 

おわりに

 

 

ということで、日本人のみしか友達がいなくても、英語の上達に影響はありません。

安心して日本人と付き合いましょう~。

 

ん?じゃあいつどこで英語を話すのかって?

 

スーパーでもレストランの店員でも、とにかく誰かに話しかけることが大事です!

家の一歩外に出れば英語を話せるという、アメリカ駐在の素晴らしい特権を利用しましょう。

 

 

 

 

 

《衝撃》毎日たったの30分やるだけ!?英語が話せるようになる3つの方法とは?

 

f:id:michiganenglish:20181110011231j:plain

Photo by Amy Shamblen on Unsplash

 

 

英語が話せるようになるには1日何時間くらい勉強したらいいのでしょうか?

 

ミシガンに来てから、英語のレッスンにも通っているのになかなか話せるようにならないと悩んでいる人は多いはずです。このまま話せないないままかもと思うと、なんだかあせりますよね・・・。 

 

自分の努力が足りないのではないかと不安になったりして・・・。

 

実は、1日20~30分やれば英語は確実に話せるようになります!

 

 

大事なのはアウトプット

 

1日20~30分なんて簡単!と思いました??

 

でも、私が言いたいのは机に向かって1人で勉強することではありません。

スピーキングやライティングのアウトプットが20~30分必要なんです!

 

英語が全然話せるようにならないのは、あなたのアウトプットが少ないからです。

 

インプットはもう十分

 

インプットはアメリカに駐在に来る前から知っている、英語の知識だけで足りています。

会話の時には難解な文法や単語や言い回しは使いません。 

 

アメリカ人が日常会話で使う英語は、シンプルなものばかりです。

 

 

アウトプットって何? 

 

インプットは知識を頭の中に入れることです。

 

それに対してアウトプットは、インプットで得た情報をもとに、自分で文章を作り出して、しゃべることです。

 

 

おススメ!3つのアウトプット方法

 

アメリカ駐在だからこそ、日本ではなかなかできないアウトプットが簡単にできてしまうんです!

 

駐在でアメリカに来られるなんて本当にラッキーな限りです~。

 

1.ライティング

 

ライティングにもアウトプット効果があるんです!

これだと、人と話すのにはまだ抵抗があるという人でも簡単に始められます。

 

《ポイント》

  • 参考書や辞書を使わない ーーー 自分の言葉を使う! 
  • 短い文章をたくさん書く ーーー ネイティブはこう!
  • 口語で書く ーーー 論文みたいにならないように!

 

2. ひとりごと

 

ライティングは声に出すことがないのが弱点です。

英語はコミュニケーションのために使われるものなので、言葉を発することが必要不可欠です。

 

独り言は、ライティングの声を出すバージョンという感じになります。

 

書くのと同じで、自分のスピードで考えながら文章を形にすることができます。

独り言の良いところは、ペンや紙などがいらないので、いつでもどこでもできます!

 

《独り言のやり方》

  • 見たまま(例:That car is red. She is pretty. )
  • 自分の行動(例:Today I need to go to the store. After that I  am having a lunch with my friends.)
  • テレビや映画を見ながらつぶやく(例:Really? Oh my gosh! He is right. I wouldn't do that.)

 

 

3.会話

 

これが1番大事ですね!

ライティングと独り言だけでは上達しないのが、スピードです。

 

言われたことを瞬時に理解して、一瞬でそれに合う回答を組み立てていかなければなりません。 

しかもその内容を、瞬間的に口に出す必要があります。

 

        1. 聞き取り
        2. 理解
        3. 文章を完成させる
        4. 言葉を発する

 

これらの4つの工程を瞬きするほどの短時間でやらなくてはなりません。

 

この練習は会話が一番効果的です!

むしろ会話する以外に方法がありません!

 

 

おわりに

注意するのはこの3つのライティング、ひとりごと、会話に偏りが出ないようにすることです。会話をするのは怖いからと言って、ライティングとひとりごとを1人でやっているだけでは全く意味がありません。

 

3つの方法をバランスよく鍛えることによって、必ず話せるようになります!

 

是非試してみてください!

 

 

 

 

もうすぐ始まる!

歌からアメリカの文化も学べちゃう!⇩

f:id:michiganenglish:20181025034145j:plain

 

 

 

 

 

英語を聞かないリスニング上達法とは?聞き取れないと感じたら試せる3つのこと!

 

 f:id:michiganenglish:20181107204152j:plain

Photo by Alireza Attari on Unsplash

 

アメリカ人が話していることを、一語一句理解できるようになりたくはありませんか?

 

アメリカにきて、アメリカ人が話す英語が速くて全然何をいっているかわからないことに衝撃を受けるという話をよく耳にします。

そして、リスニングを上達させるために多くの人は、英語をたくさん聞こうとしています。

 

でもそれが間違いで、実は正しい音を発音できるようになることが、リスニング上達への近道なんです!

  

 

間違えて発音を覚えていたら

 

listenの発音はできる日本人

 

listenの単語を見て、「リステン」と発音する人はさすがにいないはずです。

 

tが発音されないことは中学のときから知っていますよね。

なのでlistenを認識できない人はほとんどいません。

 

chaosはどうかな・・・

 

でも「カオス=chaos」はどうでしょう?

英語でもほぼ日本語と同じ意味で使われます。

 

(ウチは日曜日にパーティをやったので、家の中が未だにカオスです( ゚Д゚))

 

でも英語の適切な発音は「ケイア(オ)ス 」になります。

サウンドが全く違いますよね。

 

カオスと認識していたら「ケイア(オ)ス」と言われても絶対に聞き取りができません。

 

英語を聞き分けることができないのは、カオスの様に、間違った響きを覚えている単語がたくさんあるからです。なので、耳に音が届いてもチンプンカンプンになってしまうのです。

 

 

 聞き取りよりもまず正しい発音を学ぶ

 

しゃべっている音をつかみ取れないのであれば、適格な音を自分で言い表せるように、一生懸命取り組みましょう!

 

 

リスニングが苦手だと感じたら試せる3つのこと

 

  1. 新しい単語を覚えるときは発音を聞いて、自分でも完璧にコピーして真似できている状態にする
  2. 知っている単語を発音を見直す
  3. 単語を見たらすぐに発音ができるように暗記する

 

 

おわりに

 

私も学生の頃は英語がまったく聞き取れませんでした。

リスニングのテストなんて苦痛でしょうがなかったです(+_+)

 

でも今はちゃんと一語一句細かいところまで捉えられるようになりました。

それは、やはり正確なアクセントや音を、自分で発せられるようになったことが大きいと感じます。

 

もしあなたが、英語を耳にしても全く入ってこないという悩みを抱えているのであれば、耳を責めるのではなく、正解の音が出せるように頑張ってみてください!

 

あなたの努力は必ず無駄にはならないです!

 

 

 

と言われても、なかなか実行に移せないと悩んでいるあなた!

頑張りたいあなたをサポートします!

楽しく正しい発音を学びませんか?⇩

f:id:michiganenglish:20181025034145j:plain

 

 

 

 

 

 

おやすみです!

f:id:michiganenglish:20181106045054j:plain

Photo by Zach Betten on Unsplash

 

こんにちわ、まいです!

 

今日はおやすみです~、すいません。

 

昨日お家でパーティーしたので朝起きられませんでした・・・。

今もまだ眠いくらい( ゚Д゚)

 

ではまた水曜日更新します~♪

 

 

あと1週間で始まります!⇩

f:id:michiganenglish:20181025034145j:plain

 

 

 

 

日常生活に困る!英語が聞き取れない?リスニングができない原因2つ! 

 

f:id:michiganenglish:20181102194245j:plain

Photo by Waranya Mooldee on Unsplash

 

 

英語の聞き取りができないと悩んでいませんか?

 

多くのアメリカ駐在妻の悩みの1つに、英語が速くて聞き取れないというのがあります。これをこじらせすぎてしまうと、耳が悪いのではないだろうかとまで思うこともあるようです。

 

あなたの耳は正確です!むしろ耳を頼りに英語を学ぶことをおススメします~。 

 

 

スペルを読んでる

 

多くの日本人がやってしまいがちなのは、スペルをそのまま読むことです。

 

このブログで何度も言っていますが、書いてあるスペルと発音は一致しないことが多いです!見たまま発音していてはダメなんです。

 

ちゃんとした発音を知らずに、スペルだけを頼りに覚えていたら、その単語を聞いたときに困ります。なぜなら、あなたが知っている単語の発音とアメリカ人の発音が違うので、同じ単語だと結びつかなくなります。

 

 

勘違い

 

簡単な例だと "table" という単語があります。これは日本語にもなっていて、私たち日本人は「テーブル」と言っていますよね!

 

でも実際の発音は「テーボー」に近いです。

 

なので、アメリカ人が「テーボー」と言っていても、日本人は「テーブル」と思っているので、聞き取れません。

 

 

聞こえた通りに

 

発音が難しいと思われがちな"comfortable"という単語を見ていきましょう!

 

ひっかかるのは真ん中の"forta"です。これを一生懸命この通りに発音しようとするのは間違いです!

 

実は"forta"の赤文字の部分は発音されていません。

 

なのでカンフォータボーではなく、「comftble=カンフtボー」(←日本語にするの難し~(+_+)ちょっと変ですが、途中にtを入れました。)になります。

 

聞いてみて!⇩

 

 

 

耳を信じて!

 

日頃から、耳に届いたままの音を学ぶことが大事です。

 

「私にはその音は聞こえないけど、アメリカ人は発音してるんだよね?」

と迷う必要はありません。

 

聞こえてない音がであれば、それでいいんです。そのままが正解です!

 

 

おわりに

 

多くの人のリスニングができない原因には2つあります。

 

  1. スペルを読んでしまっている
  2. 日本語に惑わされ勘違いしてる

 

あなたの耳に任せて、ありのままの発音を受け入れましょう!

 

アメリカ駐在中にはネイティブの英語を聞く機会がたくさんあります。その特権を活かして、是非耳から英語を学んでみてください!

 

 

 

 

なかなか人と話すのは勇気がいるというあなた!

音楽からでもリアルな発音を学べますよ!⇩

f:id:michiganenglish:20181025034145j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

英語は教えてもらうものではない!《今より10倍》話せるようになるコツとは?

 

f:id:michiganenglish:20181031192538j:plain

Photo by Bewakoof.com Official on Unsplash

 

 

英語話せるようになりたいし、とりあえず無料のESLに行けばいいっか!なんて安易な考えでいたらどうなると思いますか? 

 

アメリカに来たら、たくさんの人が英語を話せるようになりたいと思い、英会話レッスンやESLに行ったりします。で、そこで授業を聞けば話せるようになると勘違いしているんです。

 

残念ながら、そういう考えでは英語は習得できるようにはなりません!

 

 

教えてもらうのではなく、自ら学ぶもの   

 

最近見つけたYouTubeチャンネルにすごく共感しました!

 

彼はイタリア人で英語がほぼネイティブ並みに話せます。しかも他の言語もあといくつか話せます。彼の言葉にこういうのがありました。

 

"​Languages cannot be taught. They can only be learned."

 

「そうそう、私が言いたかったことでこれだー!」

と思いました。 

 

誰かに教えてもらうという受け身では、英語はいつまでも話せるようにはなりません。

 

自分から知りたい、学びたいという思いがあってこそ英語を自分のものにすることができるようになります。

 

 

日常生活の中で

 

じゃあどうやって率先して習得していけばいいのかと言うと、普段の生活の中で積極的に行動したり、発言するのが一番効果的です。

 

あなたはラッキーなことに、駐在でアメリカに来ているので、これが簡単にできてしまいます!このメリットを生かさないのはもったいないです。家の一歩外に出れば、英語が話せるようになる要素がゴロゴロしています。

 

それをうまく使えるか使えないかはあなた次第です。

 

   

忘れにくい効果も   

 

例えば、過去形で不規則に変化するものがありますよね。

 

■英語のクラスで

「eatの過去形はateです~。」

 

「そうかそうか、不規則か、なるほど!」

で終わってしまいます。

 

これだとまさにおんぶにだっこ状態です。 

 

 

■でも日常生活だと 

「I eat a hamburger yesterday!」

 

「Oh! You ate a hamburger yesterday.」

 

(eatは過去形になるとateと言うのか、フムフム・・・)

「Yes, yes, I ate a hamburger!」

 

という風に、自分の力だけで理解すると、より覚えていられるようになります!

 

私は、この行動的に英語を頭にいれたことの積み重ねで、話せるようになったといっても過言ではありません。

 

 

おわりに

 

他人任せで

「教えてもらえばどうにかなるわ~」

と思っていては、絶対に話せるようにはなりません。

 

アメリカ駐在という特権を生かして、自ら進んで英語を身につけることが大事です!

 

日々の生活の中で英語を吸収するためには、話すことしかありません。是非、もっとアクティブにいろんな人とコミュニケーションを取っていきましょう~。

 

 

 

 

 

もっと英語を話すコツが知りたい方はこちら!

楽しく歌いながら英語を学ぶ方法がわかる!⇩

f:id:michiganenglish:20181025034145j:plain