目からウロコの英会話

ミシガン州ノバイの駐在妻のための英会話教室

英語での会話が続く!沈黙にならないための秘策

f:id:michiganenglish:20171214073949j:plain

 

 

周りの人に勇気を出して話しかけてみても、なんだか、しっくりこない、結局会話が成り立たずに終わってしまう、なんて経験ありませんか?

 

もしかしたら、それはあなたの英会話力の問題ではないかもしれません。

 

実は、英会話に必要なのは、英語の勉強だけではなく、頭を使うことが必要です。そして、日本とアメリカの文化の違いで、コミュニケーションのとらえ方が違う、ということを認識しておくべきです。

 

会話が続くことによって、相手との信頼関係も築きやすくなるでしょう。

 

頭をフル回転させる!

5W1Hを会話に入れる

英語での会話を続けられるようになりたい、と思っているのであれば、会話中に沢山の「5W1H」(いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのように)を、ひらめくことが重要です。

 

日本語は1つの質問に対して、1つの答えしか返ってこない傾向にあります。でも、英語の場合は、1つの質問をすると10以上の回答が戻ってきます。

 

例えば

「私はリンゴが好きです」

と一口に言っても、突っ込みどころがたくさんあります。

 

  •  種類
  • サイズ
  • 触感
  • あまい、すっぱい
  • みずみずしい
  • 生で食べる、調理して食べる
  • どんな風に切って食べるのが好き

 

いろんな言葉や説明を使って、1つの文章をふくらますことが可能です。

 

アメリカ人と話していると、初対面でも

「そんなことまで、私に言うの!?」

と思う場面に何度も出くわします。

 

5W1Hで質問する

会話は2人以上でやるものなので、自分ばかりが話しているわけにはいきません。

 

5W1Hを活用して、相手の話にも、必ずたくさんの質問をしてみましょう。自分のことに興味を持ってくれているというのは、誰でもうれしいことです。

 

 

日本とアメリカの文化の違い

聞き上手が良いとされる文化

日本ではたくさん話す人よりも、聞き上手のほうが印象が、いいイメージです。なので、どうしても聞く方に、偏ってしまうのでではないかと思います。

 

そのせいか、自分のことは、あまり話さない傾向にあります。

 

そして、自分のことをペラペラ話す人は自慢している、と思われ、マイナスな印象を与えてしまいがちです。

 

沢山話す人を好む文化

アメリカでは、話を黙って聞いているだけだと、意見がない、自分を持っていない、もしくわ、どうでもいいと思っている、というマイナスなイメージがあります。

 

そのため、アメリカ人はどうでもいい細かいことを、沢山並べて、そこから話をふくらませて、コミュニケーションをとっています。

 

初対面の人とのコミュニケーションの違い

日本人同士

初対面だとお互い気を使って、そこまで会話が盛り上がらないと思います。やはり、どこまで踏み込んでいいものか、探り合いながらのおしゃべりになりがちです。

 

それに、スーパー、コンビニで、店員さんと会話をする人は少ないでしょう。どこかで、一線引いているはずです。

 

アメリカでは

ホームパーティーに招かれたら、初対面の人がいることが普通です。でも、パーティーから帰るころには、みんなと仲良くなってしまいます。

 

「前からの知り合いだったんじゃないの?!」

と思うくらいに、お互いずっとペラペラ話しています。

 

それに、街のあちこちで他人に話しかけるのも、アメリカ人の特徴です。

 

まとめ

 英語での会話が、沈黙で気まずくならないようにするポイントは2つ

  1. 5W1H」で考える
  2. 5W1h」で質問する

 

英会話をスムーズにするために、日本人に必要なことが2つ

  1. 聞き上手よりも、話すことを優先
  2. 初対面でも、昔の友人のごとく接する

 

これらのことを頭に入れておけば、「英語での会話が続かない」という悩みを、回避することができます。

 

あなたも一度試してみてください!

 

 

 

 

 

 

駐在妻の英語発音の上達は難しい?「もちろん難しいです」

f:id:michiganenglish:20171201023730j:plain

Photo by Ben White on Unsplash

 

あなたは、「英語が通じないのは、自分の発音が悪いから」と悩んではいませんか?

 

発音が少し違うだけで、全然違う意味になってしまう単語も多く存在します。特に日本人の苦手な "f" の "food/hood" は間違えると、本当に理解してもらえません。

 

やはり、英語を学習するうえで、発音を学ぶのは必要不可欠です。

 

今まで私たちは英語の文法、リーディングは、学校で習ってきましたが、発音は全く習ってきませんでした。ここでは、発音を勉強するうえで欠かせない、「心構え」を紹介していきます。

 

このポイントさえ押さえれば、初心者でも発音習得に、大きな一歩を踏み出せるでしょう。

 

真似するのは難しい

どれが正しい発音なのかよくわからないし、聞いただけでは真似することができない、と思うのは当然です。

 

日本人がアメリカ人の発音を、ただ聞いただけで真似するのは、とても難しいことです。なぜなら、日本語にはない、口の中の動き、舌の位置、形、口の開き方、歯の動きなど、さまざまな口の筋肉の動作を、複雑に組み合わせなければならないからです。

 

体の動きとは違い、口の中は目に見えないので、アメリカ人がどんな風に口を動かしているかは、わかりにくいです。なので、この事実を知らないために「発音ができない!」と、嘆いている人が多くいます。

 

練習が足りていないのが現実

f:id:michiganenglish:20171213125635j:plain

こんなヨガのポーズをできますか、と聞かれたら、答えは「NO」だと思います。

 

でも、100回か1000回くらい、練習したらできるかもしれないですよね?

   Photo by Matthew Kane on Unsplash

 

発音も同じで、発音のコツを読んだり、動画を見て、ちょこちょこっと練習するだけでは、習得できません。

 

私は高校でチアダンスをやっていました。毎日何時間も柔軟体操をするので、入部当初は筋肉痛がひどかったです。でも、1学期が終わるころには、筋肉痛はなくなり、体もだんだん先輩のように動けるようになってきたのを覚えています。

 

発音も同じで、筋肉痛になるくらい練習しなければ、できるようにはなりません。正しい発音で練習していれば、必ず口が疲れるはずです。

 

 習得のポイントー日本語と比べる

 普段、日本語を話すときは、口の形、舌の位置などは、気にしていません。

 

でも一度、自分で言葉を発声しながら、口の中がどうなっているのかを、よく理解することをおススメします。

 

そうすることによって、英語と日本語の発音の違いに気づきやすくなります。

 

 

私たち大人は、子供と違い、自然に英語の発音を学んでいくことは難しいです。でも、大人には日本語の知識がすでにあるので、それをベースに、比較しながら習得していく方が、やりやすいと思います。

 

練習方法ー完璧な発音をクセづける

発音は、練習のときには完璧でも、いざ本当の会話の中で、無意識に同じように実行するのは、なかなか難しいです。

 

なぜなら、筋肉がまだまだ慣れていないからです。

 

正しい発音をマスターするには「量より質」です。的確な舌の動き、口の形を、自分の筋肉に記憶させておく必要があります。

 

そのためには、何度も間違った発音で100回、文章を音読するよりも、正しい発音で短いフレーズを100回練習して、完璧にさせておくほうが、筋肉に定着しやすいです。

 

まとめ

駐在中に英語の勉強をする目的は、テストに受かるためでも、通訳になるためでもありません。大事なのは、英語で伝えることです。いくら、熱心に英語を学んでもカタカナ英語のせいで、通じなければ意味がありません。

 

発音の練習は正しい発音を何度も練習して、経験を積むことで、上達します。

 

日本では学生のときに「ペンソー (pencil)」なんて発音していたら、クスクスと笑われていたかもしれませんが、ここではカタカナ英語のほうがカッコ悪いです。

 

駐在中にネイティブの発音を習得して、帰国後に周りを驚かせましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐在中に歌うかも!?"Santa Claus is coming to town"で学べる英語とは

 

f:id:michiganenglish:20171212122442j:plain

 Photo by Natalie Rhea Riggs on Unsplash

 

私はクリスマスの雰囲気が大好きです。街中がソワソワした感じがして、ワクワクしてきます。そこに欠かせないのが、クリスマスソングです。

 

アメリカに来た当初、

「ずっとクリスマスの曲かかってるラジオがあるなんてすごい!!」

と、驚きました。

 

アメリカの超定番クリスマスソング "Santa Claus is coming to town" を使って、発音のポイントとボキャブラリーを見ていきましょう!歌なので、繰り返されることが多く、発音の練習が続けやすく、単語も頭に入りやすいのが、メリットです。

 

Bruce Springsteen - Santa Claus Is Comin' To Town (Audio) - YouTube

You better watch out 
You better not cry 
You better not pout 
I'm telling you why 
Santa Claus is coming to town(3回)

He's making a list, 
Checking it twice; 
Gonna find out who's naughty or nice. 
Santa Claus is coming to town(3回)

He sees you when you're sleeping 
He knows when you're awake 
He knows if you've been bad or good 
So be good for goodness sake 

With little tin horns and little toy drums
Rooty toot toots and rummy tum tums
Santa Claus is coming to town(3回)

He sees you when you're sleeping 
He knows when you're awake 
He knows if you've been bad or good
So be good for goodness sake 
Goodness sake 

https://www.azlyrics.com/lyrics/lonestar/santaclausiscomintotown.htmlより抜粋

 

発音ポイント 

Santa Claus

1.Santa

サンタの "a" は「エア」の発音なので、どちらかというと「センタ」に聞こえます。

 

2.Claus

最後の "s" は "z" の発音になります。「センタクローズ」が英語に近い発音です。

 

3."t" が なくなる?!

「サンタ」→「センナ」

"t" の前に "n" がくると "t" の音がなくなることがあります。特に早く話しているときに起こります。この歌の中でも、普通の "t" と発音しているときと、発音していない時があるので、注意して聞いてみてください。

 

"t" がなくなる場合

  • center(センナ―)
  • winter(ウィナー)
  • international(インナーナショナル)

 

-ing (telling, checking, making, sleeping, etc)

現在進行形の "ing" の "g" は発音しません。

making a list → メイキ ナ リスト

telling you why → テッリン ユ ワーイ

 

coming to town

"t" がなくなる!

"Santa" は単語でしたが、文章のなかでも "t" と "n"  がくっつくと、同じことが起きます。 "ing" の場合の "g" は発音しないので、"n" が最後に来るのと同様です。

 

coming to town → カミ ヌ ターン

checking it twice → チェッキン 二 トワイス

 

ボキャブラリー

日常でもよく使われるものをピックアップしました!

 

You better

You'd better (You had better / You would better)の省略

意味:こうしたほうがいいよなどと、アドバイスのニュアンスがある

 

例文

You'd better be careful.(気を付けたほうがいいよ) 

You'd better listen to your parents.(親の言うことは聞いたほうがいいよ) 

 

watch out

意味:気を付ける

 

Watch out! きをつけて!(子供によく使います。 "Be careful." よりもこっちのほうが頻繁に使われます。

 

find out

意味:知りたい情報を得ること、知らなかった事実を学ぶこと

 

I just found out that the school would be cancled tomorrow.(学校が明日お休みになることが今わかった / 気づいた)

We must find out the way out.(どうやってここから出るか、考えないと / 学ばないと)

 

naughty 

意味:(子供に対して)悪い子

クリスマスのときに頻繁に聞かれます。他のクリスマスソングにも多くでてきます。 "bad" ではなく、"naughty" の方がクリスマスのときは一般的です。

 

まとめ

 

ここで学んだ発音を、歌詞だけで練習するのではなく、自分が実際に、よく会話で使ってるフレーズや単語などにも、応用させてみてください。普段聞いてる洋楽なども、同じ発音があるかどうか聞いてみるのもいいでしょう。

 

ボキャブラリーも同様に、参考書の中で探してみたり、ほかのクリスマスの歌詞を見ることをおススメします。

 

"Santa Claus in coming to town" から、英語の世界をどんどん広げていってもらえたら、幸いです。

ミシガン駐在3ヵ月で英語が話せるようになる秘訣

 

f:id:michiganenglish:20171209133528j:plain

 

「ミシガンにきてすぐに、自分の英語のできなささにがっくりした」

「英語の勉強をしてるのになかなか話せるようにならない」

という悩みを持ってはいませんか?

 

日本人のほとんどが英語に関する、ある勘違いをしています。

 

その勘違いさえなくなれば、英語を話すのがこわくならないようになります。そして、短期間で、どんどん自分から英語を、話せるようになっていくでしょう。

 

英語が少しはわかると勘違い 

かつて日本では、中学から英語の学習をはじめていました。最低でも3年、長い人だと10年近くも英語を勉強してきたので、英語が少しくらいはわかるわ、と思っている人がたくさんいます。

 

いやいや、そんなの不可能ですよ!

 

料理対決!

AさんとBさんが料理対決をすることになりました!

 

Aさんは料理について5年以上、勉強しています。料理の本を読んで、野菜、肉、魚の特徴や料理のコツ、揚げ物をするときの揚げ物の温度のはかり方、レシピなんかも暗記してます。とにかく、知識だけは豊富です。でも、料理は作ったことはありません。

 

一方、Bさんは普通の主婦です。料理教室には行ったことがなく、自己流で10年以上毎日3食、ご飯を作っています。

 

さあ、どちらの料理がおいしく出来上がると思いますか?

 

主婦のあなたなら簡単に答えは出ると思います。

 

絶対に主婦歴の長いBさんのほうが、うまくできます。きっと、Bさんは後片付けも同時にこなして、料理が出来上がるころには、キッチンはピカピカな状態でしょう。

 

英語に置き換える

もう、お分かりだと思いますが、「Aさん」が、英語をたくさん勉強してきた日本人に、あてはまります。

 

誰が見ても、Aさんの料理がうまくいかないだろう、というのは明らかです。英語も、日本人が話せないのは、こういうことが原因だったのかとよくわかります。

 

じゃあどうする

知識しかないAさんに必要なこととは?

Aさんが一流シェフになるためには、「料理の経験を増やすこと」です。

 

日本人に必要なことは?

日本人に必要なのは、英語の勉強ではなくて、「英会話の経験」だけです。いろんな人と話して、慣れていくことが、一番の近道になります。

 

まとめ

この「英語が少しはできるだろう」という間違った考えを認識するだけで、あなたに必要なのは、勉強ではなく「会話の実践」なんだと、明白になります。

 

自分が英語が全くできないことを受け入れて、ゼロからスタートしてみましょう!

 

英語勉強をがんばる駐在中の専業主婦におススメの雑誌 "Living"

 

f:id:michiganenglish:20171208144540j:plain

 

英語学習のためにリーディングは必要不可欠です。リーディングといえば、本や英語の教科書を読むことに集中してしまいがちですが、雑誌もとってもおススメです。

 

本よりも安いですし、写真が表紙になっているので、自分の興味のあるジャンルを見つけやすいです。さらに、文章の区切りが短いので読みやすく、本に比べて表現がカジュアルで会話むきです。

 

英語の本に挑戦してみたいけど、難しそうだなと躊躇しているあなたにピッタリです。まずは雑誌を手に取ってみましょう。

 

ここでは、私が大好きな雑誌 "Living" を紹介していきます。

 

Livingってどんな雑誌?

アメリカで知らない人はいないほど有名な、Matha Stewertという女性が作っている雑誌です。

 

彼女は自分のテレビ番組も持っていて、料理、DIYガーデニング、ライフスタイルなどさまざまな種類の本を80冊以上、出しています。そして、自身のブランドの調理器具、食器、寝具、文房具、洋服などを立ち上げています。

 

私の中では、日本の「栗原はるみさん」という、感じがします。

  

主婦向け雑誌です。料理、家の飾りつけ、ガーデニング、クラフト、DIY、ファッション、メイク、ファミリーなど幅広いジャンルから成り立っています。

 

写真や絵はあわい色が使われていて、クラシカルで洗練された雰囲気の雑誌です。

 

長い文章が少ないので、初心者には読みやすいです。

 

アメリカについて学べる 

もちろん英語の勉強にもなりますが、私は、この雑誌を読んで、アメリカの、クリスマスやイースターなどの季節の行事の、習慣や風習を学びました。

 

この12月号では、クリスマスのストッキングの記事で、Martha Stewart本人の小さいころの思い出や、これから孫にどんなものを手作りしようかと考えている、というようなことが書かれてありました。

 

他にも、モンタナ州の大家族の冬の恒例行事についても、特集されています。いろいろなアメリカの習慣があるんだな、と感じます。

 

この雑誌を読むことによって、アメリカのリアルな世界が見えるのが、魅力です。

 

日本にはないアイディア

クリスマスの時期なので、ギフトラッピングの特集もありました。

 

日本人とは一味違ったセンスで、スタイリッシュかつトラディッショナルな、プレゼントの包み方です。でも、簡単に真似できそうなものばかりです。 

 

クラフトのスキルで、周りと差をつけたければ、絶対に損はしない雑誌だと思います。

 

まとめ

英語を学ぶのは、本や参考書からだけではありません。自分の好きなことや楽しいことをやりながらの勉強だと、楽して習得できるわけがないと、感じるのかもしれません。でも、英語のリーディングに関しては、面白いと思えるものを読むことのほうが効果があります。

 

教科書には載ってない単語もたくさん出てくるので、新しいボキャブラリーの開拓にももってこいです。

 

"Living" あなたも読んでみませんか? 

 

 

 

 

 

ミシガン駐在中に英語が上達するための必要な2つの目標

f:id:michiganenglish:20171201053750j:plain

Photo by rawpixel.com on Unsplash

 

相手のことが理解できない、自分の言いたいことが言えない、と日々イライラしてストレスをため込んではいませんか?

 

そんなあなたは、きっと頑張りすぎて、周りが見えておらず、自分も見失っています。この状況に陥ってしまったら、なかなか英語のスキルアップは難しくなります。なぜなら、「アメリカ生活を楽しむ!」ことが、英会話上達に必要不可欠だからです。

 

まさに負のスパイラルです。

 

そうならないためにも、目標を立てることはとても大事です。モチベーションアップにもつながります。ここでは英会話力を効率よく伸ばすための、目標設定の仕方についてお話していきます。

 

目標のメリット

私は、子供たちが小さかった頃、家事、ご飯の支度などを、限られた時間の中でこなしていました。午前中に掃除を終わらせる、お昼寝をしている間にご飯の支度をする、寝かしつけた後に自分の時間、と毎日の中に小さな目標がありました。

 

そして、子供が小学校にあがって、やっとちゃんと家事をできる時間がたっぷりあってうれしいな、と思っていました。でも、時間がありすぎて、前よりも家事のスピードが落ちました。

 

あなたにも同じような経験はないですか?

 

英語も同じで、ただ毎日英語の勉強をするという漠然なことでは、前になかなか進むことができません。

 

目標があることによって、生活のリズムができて、気持ちも明るくなり、ストレスフリーで、充実した生活を送ることができます。「英語ができない・・・」と、落ち込んだり、なげいたりする暇も、なくなるでしょう。

 

こうなりたい!目標

ここでは、なるべく大きな目標を立てるのがポイントです。

 

「生活に支障がないくらいに、英語ができればいい」では絶対に上達しません。多分このブログを読んでいる人に、そんな人はいないと思いますが・・・。

 

なぜなら、目標が小さければ、そこまでしか努力をしなくなるのです。

 

自分が日々成長していくためにも、大きな目標を立てましょう。どんなに無理そうな目標でも大丈夫です。誰かに公開するわけではないので、遠慮する必要はまったくありません。

 

例えば

  • スーパーの店員さんと世間話ができるようになりたい
  • 日本に帰国後、友達に「何か英語でしゃべってみてよ!」と言われた時に、かっこよく話して驚かせたい
  • 子供の英語に負けたくない

 

目標を紙に書くと、書かないよりも効果がアップするらしいですので、是非書いてみましょう。

 

具体的な目標

先ほどの目標とは違い、こちらは自分が行動するための目標です。

 

例えば

  • 今週は単語を20個覚える
  • 今日は必ず5人に話しかける
  • 1年で英語の本を5冊読む

 

この目標を立てることによって、自分に必要なことが明確に見えてきます。

 

そしてポイントは、最初の「こうなりたい!目標」を目指しながら、計画を立てていくことです。

 

スーパーの店員さんと世間話をするのが目的なのに、ビジネスシーンが中心のTOIECの英単語を1日10こづつ覚える、という目標設定はおかしいですよね。

 

まとめ

ここで紹介した2種類の目標を組み合わせることによって、しっかりとあなたのゴールを目指すことができます。 そして、毎日が楽しくなり英語上達のスピードがアップします。

 

あなたならどんな2つの目標を立てますか?

 

 

 

 

 

 

間違えていませんか?"woman"と"women"の違い

f:id:michiganenglish:20171205235716j:plain

Photo by Katy Belcher on Unsplash

 

ところで、英語の発音は、

  1. スペルと一致しない
  2. アルファベットの並び順と発音に規則性がない

ということは知っていますか?

 

これをちゃんと理解できていないと、いつまでたってもカタカナ英語から抜け出せません。

 

ここでは、誰もが知っている単語 "woman"と"women" を使って、日本人がやってしまいがちな間違いを、紹介していきたいと思います。この2つの本当の発音を知ると、もっと発音が面白くなるはずです!

 

 スペルに惑わされている

  • woman
  • women

 

多くの人が「ウーマン」「ウーメン」と発音していると思いますが、間違っています。

 

実は、スペルの違う部分 "man"と"men" は同じ発音をして、逆に共通した "wo" の部分こそ、違った発音をするんです!

 

発音記号

  • woma[wʊmən]
  • wome[wɪmən]

 

発音記号を見てみると、よくわかります。びっくりですよね。

 

青い部分はスペルが共通していますが、発音の記号が違う形です。赤い部分は、スペルは違うのに、発音の記号は同じになっています。

 

日本語では、書いてある文字と発音は一致するので、どうしても私たちは、勘違いをしてしまいがちです。

 

"wo" の発音のコツ

  • woman  look, put, could と同じ
  • women  sit, his, still と同じ

 

"man" "men" の発音のコツ

母音を発音しないようにするのが、ポイントです。

 

日本語にしてみると

  • woman ウメン
  • women ウメン

 

まとめ

この "woman" と "women" の2つをくらべてみると、英語は書いてある言葉と発音する言葉は、一致しないということがよくわかります。

 

スペルに惑わされずに、耳で聞こえるほうの発音をするように心がけましょう。

 

あなたが普段よく使う単語も、もしかしたら間違えて覚えているかもしれません。この機会に一度、簡単な単語こそ見直してみましょう!